大怪獣バトル2話

 今日は、なんといってもマンモスフラワー(ジュラン)対リトラの「ウルトラQ」対決につきる。
しかし、マンモスフラワーが、鮮やかな色合いなのに対し、リトラの体色が灰色なのは・・・。個人的には(勝手なイメージですが)リトラにはカナリア(頭部から胸まで黄色)やクジャク(尻尾が青系)のような色のイメージがあったので意外・・・。
 一緒に見てた母上、
「この鳥怪獣はかわいい」
と申してました。今回一番の癒しキャラかも。

 ゴモラのジャンプキックは減点1。人間と同じ戦い方はするなよ><昔のゴジラみたいに、尻尾を地面に打ち付けた勢いで跳ぶならまだしも、いきなり横っ飛びはないわ~><

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

 今日の夕方から、テレビ東京で「ウルトラギャラクシー・大怪獣バトル」が始まったので、第1話をみてみました・・・。

 テレスドンやサドラより、小西博之さんの方が恐いとおもった・・・。

 ん~・・・昔のゴモラとは戦いかたが全然違ってて、なんだかな~。ツノから光線みたいなのを出しちゃ、ハヌマーン版や「ウルトラマン80」のころのゴモラのようだ・・・。
 もしかしたら、地球産ゴモラではないのかもしれないし、育った環境によって技も若干かわるのかも・・・と思えば・・・許せ・・・るか・・・?

 ウルトラQのゴメス対リトラのような怪獣同士の対決としての重みもないし、ウルトラファイトのようなおふざけもないし、怪獣の戦闘が、ただの人間同士のケンカのように見えました。
そりゃ、中には人が入っていますけど、テレスドンもサドラもレッドキングもみんながあまり変わらない動きなんだもの><
もうちょっと原作寄りの特色を持たせろといいたい・・・。

 テレスドンって、最初(初代ウルトラマン時)は地底人に操られて、夜の街に出没したけど、あれは地底人が昼間が苦手だから夜に出されただけで、テレスドン自体は日中も平気なのかもな~・・・。ジェロニモンに復活させられたときには日中だったし。

ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

 You Tubeで、本日限定公開の「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」を見ました。

 フルCGの空中戦の動きが早すぎる上に重みがないのと、ウルトラ兄弟(初代マン以外)が「オレ」と言ったりするのは最初違和感がありましたが、よくできていたと思います。
 メビウス救出にまっさきに行こうとする熱血漢エース、エースを一旦とめながらも彼の決意に同意し兄2人を説得する新マン(ジャックとは言わないひねくれものの私^^;)、兄の考えも弟の気持ちもわかるウルトラセブン、最後まで慎重派の初代マンといったところは非常にその当時のウルトラマンらしくてお見事でした。
 また、ネクサス以降ではあまりやらなかった、「子供との約束」を守るために戦うメビウスの姿はかっこよかった。
 ウルトラ兄弟が弱体化してる理由もちゃんと描いているのがお見事。「タロウ」とかのように現役ウルトラマンを目立たせるためにわざとやられ役になっているわけではないし。
 手に汗握る展開でよかった。 おいしいところでゾフィーやタロウが助っ人に来てウルトラマン7人で並んで立つ姿は燃えた!

まあ、マニアとしては前述以外にも気になるところもあるんですけどね^^; 

 初代マンは「ウルトラマン」最終回でハヤタと分離して帰っていったので、本物のハヤタがどこかにいるはず・・・。でもこれも一種のパラレル作品として考えないことにする^^;

 また、初代マンの顔がせめてBタイプだったらなあ・・・と思った。あのAタイプの顔のしわは故意に作ると不気味に見える><

 あと、これ見るまで、「ウルトラマンタロウ」と「東光太郎」の関係性はどうなっているんだ?と思ったけど、
(知らない人のために説明すると、ウルトラマンタロウは東光太郎として生きることを選び、変身道具をウルトラの母に返して悪のバルキー星人を人間として倒し旅に出る・・・)
どうやら、この映画の最初、タロウ以外のウルトラ4兄弟が20年前、命をかけて神戸の海に究極超獣を封印(これが今回のウルトラ兄弟弱体化の原因)し、4人が封印の監視をすることになったので、その間のウルトラ兄弟候補生の教官としてタロウが帰ることになり、「東光太郎」の名を捨ててウルトラの星に帰還した、という解釈でOK? (劇中でもテレビ版でも、メビウスが「タロウ教官」と言っているし)

 すみません、「初代」と「タロウ」信者なもので^^; でも、あくまで一般の親子連れをターゲットにするなら、これは大当たりのウルトラ映画だと思います。単純に面白い。これが一番ですよ。

ウルトラマンメビウス・最終回

ウルトラマンメビウス
最終回「心からの言葉」

ついきにて~

続きを読む »

ウルトラマンメビウス49話

ウルトラマンメビウス
第49話「絶望の暗雲」

 メビウスは、インペライザーをウルトラダイナマイトで倒すが傷つき倒れる。だがなおもインペライザーは次々と現れ、迫りくる。
 疲労しすぎのため変身できないメビウス。絶体絶命のピンチを、ザムシャー、カコ、ファントン星人が救う。そしてついに、エンペラ星人が降り立つ! だが、ザムシャーではエンペラ星人に歯が立たない。そこにハンターナイトツルギ(ヒカリ)が現れる。リュウは旧戦闘機でひとり出撃、ヒカリとの連携で、エンペラ星人に一矢報いたかと思いきや、星人の攻撃に、ザムシャーは基地を守り息絶え、ヒカリも消滅する。そしてリュウもエンペラ星人に・・・!

 次回、いよいよ最終回・・・。本当にウルトラ兄弟全員集合か~。来週、午後5時からか~。月末で仕事だけど、この時間ならなんとか見れそう。

 そういえばヒルカワって、「ウルトラマンネクサス」の最後にダークザギになっちゃう隊員さんだったのですね~。どおりで悪人だわ^^;(ネクサス、ほとんど見てなかったので、どこかで見たような気がしてたのに、気付かなかった・・・)

ウルトラマンメビウス

ウルトラマンメビウス
第48話「皇帝の降臨」

追記にて~

続きを読む »

ウルトラマンメビウス

ウルトラマンメビウス
第47話「メフィラスの遊戯」

 突如、子供たちや、GUYS隊員たちが、「ウルトラマンメビウスは侵略者だ」と言い出した。それはメフィラス星人のゲームだという。メフィラスは初代ウルトラマンの忠告も聞かずにゲームを始めたのだ。
 ミライはGUYSの皆に、自分がメビウスで仲間だと訴えるが、なかなか信じてくれない。
 だが、GUYSの皆もミライを思い出し、メフィラス円盤を破壊。メフィラスがついに降り立つ。そのとき、ハヤタが初代ウルトラマンとなり、メフィラスの敗北を伝える。
 去っていくメフィラス。だが、皇帝にやられてしまい・・・。

 初代ウルトラマンの顔が、おなじみのCタイプだった~。なんで映画ではAタイプだったのか・・・。せめてBタイプでいいじゃん。><

 来週、ミライの正体が世間にも知れ渡るのか!?

ウルトラマンメビウス・第46話

ウルトラマンメビウス
第46話「不死身のグローザム」

 とあるダムの付近で気温が異常に低くなった。調査に行ったミライの前に、グローザムが挑戦してきて、メビウスを剣で凍らせてしまう!
ダムの前に立ち尽くし、氷像のように放置されるメビウス。そんなメビウスをみて絶望するコノミだったが、モロボシ・ダンの励ましにより、メビウス救出作戦を考え出し、ガンローダーで出撃する。
 そこにGUYSの邪魔をしに現れたグローザムの前にウルトラセブンが登場。セブンが敵をひきつけている間にGUYSがメビウスを復活させる!
そして二人のウルトラマンの光線を浴び、グローザムの体が爆発したが、復元しかけたところにガンローダーの熱風でヤツの頭部を破壊!
 今回、ぶっちゃけセブンでなくてもいいような話ですね・・・。前回のデスレムといい、4天王のうち2人が新キャラだからかもしれませんが・・・。
 来週はいよいよ真打ち!初代ウルトラマン登場だ!

帰ってきた獣拳合体キュアミント

ウルトラマンメビウス
第45話「デスレムのたくらみ」
 月から帰ってきたフェニックスネスト。だが、地上に降りる前に消滅してしまう!ただひとり、戻ってきたジョージからデスレムのたくらみを聞き困惑するミライ。ヤツはフェニックスネストの隊員たちを人質にとり、さらにメビウスに人間の醜いところを見せ付けて絶望させようとしていた。
 フェニックスネストに残る隊員たちのために戦えないメビウスを糾弾する市民たち。市民と仲間とどっちが大切なのかとほえる記者たち。そんな人間の姿を見て落ち込むミライ。そんな彼を励ましたのが、新マンこと郷秀樹だった。
 そして、再び現れるデスレムに立ち向かうメビウス。が、やっぱりというか、人質のために戦えない!
 だがそこにやってきた郷秀樹が『帰ってきたウルトラマン』(ジャック)に変身してフェニックスネストを救い、戦意を取り戻したメビウスと新マンの光線を受けてデスレムは倒されるのであった。
 なんというか、守られてて戦おうともしないのに、外野の民間人たちは言いたい放題ですな。もしもメビウスを糾弾してメビウスが人間に絶望して、侵略宇宙人の味方になったらどうすんだよ。
 それにしてもきくち英一さん(昔、新マンの中に入ってた人)が新マンを見て「ウルトラマンが、かえってきた!」と言ったのには笑ったw

 追記にて、ゲキとプリ5です。・・・新カテゴリつくったけど、今回のタイトルがもったいないので残しておきます^^;

続きを読む »