ハートキャッチプリキュア!最終回

ハートキャッチプリキュア!
最終回(第49話)「みんなの心をひとつに!私は最強のプリキュア!!」

 ハートキャッチオーケストラの攻撃にも耐えたデューンは憎しみを増大させて巨大化。
そして、4人のプリキュアも、心をひとつにして「プリキュア無限シルエット」となり合体、巨大変身。
渾身の「こぶしパンチ」で、デューンを浄化する・・・。
そして、月日がたち・・・。
つぼみの妹は無事に生まれ、いつきの道場にはクモジャキーそっくりの男、熊本が入門。
平和なときが、はじまろうとしている。

・・・さらに月日がたって・・・成長したふたば(つぼみの妹)の手には、ココロパフュームが・・・。


感想
 まあまあよかったけど、月影教授がなぜ「心の大樹」を知ったか?とか、デューンの憎しみって結局原因はなに?とか、敵側のほりさげ描写はあまりやらなかったなあ・・・。その点は「フレッシュ」の方が上だったかな。
 巨大変身した「プリキュア無限シルエット」・・・あれ「超者ライディーン」を思い出しました^^;

 ハートキャッチの皆さん、おつかれさまでした。
来週からは、「スイートプリキュア♪」の皆さん、みまもります^^

ハートキャッチプリキュア!第48話

ハートキャッチプリキュア!
第48話「地球のため! 夢のため!プリキュア最後の変身です!」

 ダークプリキュアとの死闘に勝利するキュアムーンライト。
ダークプリキュアは、サバーク博士(月影博士)の腕の中で息絶える・・・。
そこに現れるデューンがプリキュアにダメージを与えて変身解除手前までおいこみ、さらには月影博士を消滅させてしまう!(というか博士がゆりをかばってデューンの攻撃をうけて消滅)
 絶望と憎しみにとらわれるゆり・・・。
デューンを憎むゆりは憎悪で戦おうとするが、つぼみが必死にゆりをとめる。

つぼみ「自分の怒りや憎しみを晴らすために戦うなんてやめてください!」

その説得に冷静になったゆりはつぼみに「愛」で戦おうというのであった・・・。


感想
 今日のプリキュアも、ボロボロ泣いてみてました・・・。

 ゆりさんだけだったら復讐に走りそうなところを、必至に説得するつぼみがかっこよかった;;
冷静さをとりもどし、、
「にくしみではなく、私たちは愛で戦いましょう」
というゆりさんもステキ!><

 デューンさ、青年の姿よりも、肩にのせているトカゲの方が本体・・・だったらおもしろいのにね。

いよいよ来遊最終回!

さて・・・私は新番組「スイートプリキュア♪」にはハマることができるでしょうか??

ハートキャッチプリキュア!第47話

ハートキャッチプリキュア!
第47話「嘘だと言ってください!サバーク博士の正体!!」


 死闘を続けるキュアムーンライトとダークプリキュア。そこにかけつける、キュアブロッサム。だがムーンライトはブロッサムに「ここは私が」と加勢を拒む。
 なのでブロッサムはサバーク博士がキュアムーンライトを攻撃するのに対してとめようとする。
が、ダークプリキュアをかばって、プリキュアの攻撃を受けたサバーク博士の仮面が割れ、その正体があきらかになる。
それは、行方不明になっていたゆりの父親であった・・・。動揺し変身をとくゆり・・・。


感想
 今日はゆりさん祭りですな!とてもかっこよく、そして美しかったです!
サバーク博士の正体については、ずっとOP映像から匂わせていましたし、そのまんまだったなあ、と・・・^^;

ハートキャッチプリキュア!第46話

ハートキャッチプリキュア!
第46話「クモジャキー!コブラージャ!あなたたちを忘れません!!」

 ついに、砂漠の使徒の本拠地にのりこんだプリキュアたち、だが、クモジャキーとコブラージャがそれを阻止しに立ちはだかる。
 キュアマリンとキュアサンシャインが、ここに残りブロッサムたちを先に行かせ、ふたりと決着をつける・・・!


感想
 力を求めたクモジャキーには武道派サンシャイン、美を求めたコブラージャには美人の姉コンプレックスがあったマリンの方がしっくりくるような・・・。
 そしてサソリーナのときと違って、2人の心の花が本来の人物に戻っていく描写もありませんでしたね・・・。

ハートキャッチプリキュア!第45話

ハートキャッチプリキュア!
第45話

 突如現れた砂漠の王・デューンの力に、プリキュアはなすすべもなく、薫子(祖母)を連れ去られてしまう!
そして、つぼみたちが気がついたときには、町中砂漠にされてしまうのだった・・・。
 だが、えりかの姉やいつきの兄や、クラスメートたちは元気だった。
それが面白くないデューンは、プリキュアを倒せば、街の希望もうしなわれるとおもったのだが・・・。


感想
 え?みんなの前で変身したのかと思ったら、ちがったのね^^;
誰もつぼみたちがいないことを変に思わないから、正体を知ったような気もしたんだけどなあ。。。

ハートキャッチプリキュア!第44話ぷち感想

ハートキャッチプリキュア!
第44話「クリスマスの奇跡!キュアフラワーに会えました!!」

 クリスマスのお願い事に「プリキュアにあいたい」と書く少女。
つぼみは、そんな彼女のためにプリキュアにあわせる約束をする。
が、そういうときにかぎって、クリスマス(正確にはカップル)を憎むデザトリアンがあらわれる・・・。
苦戦するプリキュアたち。クモジャキーとコブラージャの2人のパワーで強力になったデザトリアンはプリキュアを凍らせ、とびたち、植物園のクリスマスツリーに目をつけ、ツリーとプリキュアを待つ子ども達をねらう!
そこでおばあちゃんが変身、キュアフラワーになるのだった!!


感想
 今回、敵側の二人にねらわれた相手がまったくドラマとからまない人なので、プリキュアの誰もが説得もしないしすぐにクモジャキーとコブラージャにのっとられるしでいいところなし。
 デザトリアン退治を優先するゆりさんだけど、植物園でつぼみ、えりか、とともに子ども達の前に出ていく瞬間を待っていたんだから、変身して子ども達の前に出て、
「プリキュアです!みんな、仲良くね?私たちは、これから、戦いに行かなくてはならないの!」
とか言えばよかったのでは^^;

 クリスマスで、偉大な先代が登場とか、貼り付けっぽい4人の前に救出にくる先代とか、なんかとってもウルトラの父を思い出させるんですが^^;

ハートキャッチプリキュア!第43話

ハートキャッチプリキュア!
第43話「あたらしい家族!私、お姉さんになります!!」


 つぼみの母親が妊娠してることが発覚。
弟か妹が出来ることに、つぼみは大喜び。
はりきって、お店の手伝いをすると、ブーケを作る依頼を受ける。だが、そこの家の女の子は浮かない顔。
彼女は、妹ができたことで両親がそっちにかかりっきりなのが面白くないというのだ。
そこを、クモジャキーにつけこまれ・・・。


感想
 あ~、つぼみほど年齢が違えばどうってことないんだろうけど、年が近い子どもだと、両親を下の子にとられたと感じるかもしれないなあ・・・。

 お花屋さんの娘であるつぼみよりも、よっぽど熟練のバイトに見えるゆりさんがステキw

 それよりも来週!おばあちゃんが若返ってキュアフラワーになるのか?それともおばあちゃんのプリキュア時代にタイムスリップ!?(後者っぽいか^^;)
・・・一番ありえそうなのは、クリスマスの奇跡が生んだマボロシ・・・?

ハートキャッチプリキュア!第42話

ハートキャッチプリキュア!
第42話「とまどいのゆりさん!ラブレター見ちゃいました…」

 植物園でぐうぜん見かけた落し物。それは、ラブレターだった。
3人とも自分にか?とか思うのだが、落とした本人がやってきて、そのラブレターはゆりさんあてだと知る。
 少年はゆりさんが好きなのだが、ゆりさんは弟としてしか見ていない感じで・・・。


感想
 あ~、あるある。年上のお姉さんへのあこがれとかなんとか~。

ハートキャッチプリキュア!第41話

ハートキャッチプリキュア!
第41話「妖精が変身!?プリキュア劇団はじめました!!」

 人形劇の人たちがこないというので、つぼみたちが幼稚園に人形劇をすることに。
そこで4人は、自信のない先生をみかける。
先生は、自信がなく、さらにゆりが子どもたちの扱いがうまかったため、すっかり自信をうしない、そこをクモジャキーにねらわれてしまうのだった・・・。


感想
 ゆりさんの方がしっかりしてるし、あの先生よりもよっぽどオバs・・・おちつきがありますよね~^^;

ハートキャッチプリキュア!ぷち感想

ハートキャッチプリキュア!
第40話「さよならサソリーナ…砂漠にも咲くこころの花です!!」

 生徒会長交代と、敵のオバサン、サソリーナさんの退場話。

ええ、生徒会とか、委員会とか、「長」がつけば女子にもてるんじゃないかとおもっていた時期が私にもありました・・・。

 サソリーナって、普通の人間が、心の花を奪われてできた存在だったのか・・・。
一番いい人からいなくなっちゃったなあ・・・。

ハートキャッチプリキュア!

ハートキャッチプリキュア!
第39話「えりかピンチ!マリンタクトが奪われました!!」

 自分の部屋の中で変身したいと言い出すえりか。
コフレは部屋の中に砂漠の使途が現れたのかと不安になり、変身させるが、ただえりかは部屋の掃除にマリンタクトが使えないか試したいだけだった。タクトを大事にしないえりかにコフレは怒り、タクトを持って、家を出てしまう・・・。


感想
 今回、めずらしく「心の花」がまったく関係しないお話しで、えりかとスナッキー(敵の戦闘員)が暴走してるだけでしたねー。
 なんだかんだいっても、えりかはコフレのことを大事に思っている・・・というお話か。でもこれ、一昔前のゆりさんだったら、いつき同様怒られていたと思う。
「あなたがわがままなせいで、パートナーを失うところだったのよ!?」
と。

ハートキャッチプリキュア!(2回分まとめて)

 10/23、24と、旅行にいっていたので、よくみれなかった、前回の放送^^;
なんとか録画したのをノイズはいってても見ましたが・・・。
(ウチのDVDレコーダー、テレ朝の録画番組はまだそこそこ見れる。TBSはまったくダメ><)



10/24放送分
 新たな力を得るために、プリキュアパレスでの試練に立ち向かう。だがそれは、過去の自分との戦いだった。
影サンシャインの、「今のあなたがかわったなら、もう(過去の)私はいらないの!?」という言葉が切ない。普通なら、過去をのりこえるだけで終りそうなのに、HCプリキュアでは更にそこから
「過去も受け入れつつ、成長する」
というプロットになってて、深い・・・。



10/31放送分
 つぼみがマジメすぎて、なかなか結果にたどりつけない。が、それよりも、プリキュアスーパーシルエットの必殺技・・・スーパープリキュア4人が、巨大な乙女を呼び出して倒すって・・・戦隊ロボですか^^;

ハートキャッチプリキュア!第36話

ハートキャッチプリキュア!
第36話「みんなが主役!私たちのステージです!!」

 今日はついに学園祭!はりきるえりかたちと、テンパるつぼみ。構成の都合上、ファッションショーがトリとなってしまい、つぼみ、えりか、いつきは、その直前に行われる軽音楽部のメンバーに「構成上、うち(ファッション部)がトリになってごめん」と言いに行く・・・が、軽音楽部の部室では、男子部員と女子部員がもめていた・・・。ボーカルの女子部員2人、彩と真由は、そんなに自信がないのだ・・・。
 そこにあらわれたコブラージャが、2人の心の花をデザトリアンにしてしまう!

感想
 彩と真由って、主題歌を歌ってる二人か。これ、キャラ逆でもよくない?

(追記)
 あとで知りましたが、このお話の、彩さんと真由さんって、本人の容姿もちゃんとモデルにしてたんですね^^;
モデルにしたのは声と名前だけで、デザインはオリジナルかと思ってました。
すみません、お詫びします。

ハートキャッチプリキュア!第35話

ハートキャッチプリキュア!
第35話「ワクワク学園祭!ファッション部はバタバタです!!」

 学園祭の準備で、生徒会もファッション部もおおいそがし!
だがそんななかでも、砂漠の使途はやってくる。
学園内では変身できない3人。
だがそこに、キュアムーンライトが登場し、なんとひとりで強化デザトリアンをたおすのだった・・・。


感想
 もう、キュアムーンライトひとりいればいいんじゃね?と思った^^;
まさか主役3人が全然変身しない話をやると思わなかったわ。

 「Yes!プリキュア5GoGo!」のときにも、数人が変身しない回はあったけど、のぞみは変身してたよなあ。主人公だし。

ハートキャッチプリキュア!第34話

ハートキャッチプリキュア!
第34話「すごいパワーです!キュアムーンライト!!」

 ついに復活したキュアムーンライトは強い!(初登場のときっていつも強いけどさ、みんな)
辛くも、ダークプリキュアを倒し、さらにキュアサンシャインでさえ苦戦する砂漠の使途の幹部たち(ダークの加勢に来た)をあっというまにしりぞけて、プリキュア3人はそのあとに「とどめは私たちが!」という感じで必殺技を出すも逃げられる・・・。


感想
 もうムーンライトさえいればいいんじゃないかな・・・とまで思った回でした。
でも次回以降、普通のプリキュアレベルにまで劣化しそうでこわい^^;

 それにしてもえりか、みただけでゆりのスリーサイズがわかるなんて、すげえww
ぜひとも教えてほしかった!!ww