ウルトラマンタロウ 第53話(最終回)

ウルトラマンタロウ
第53話「さらばタロウよ!ウルトラの母よ!」


 ある朝、光太郎は夢の中で、ウルトラの母(人間の姿だけど)に「これから、タロウの力でもどうにもできないことがおこる」と警告され、健一の父・白鳥船長が乗るタンカーが怪獣に破壊される光景を見る。
 そして、健一の友人の父親が乗るタンカーが破壊され、さらに夢の通り、白鳥船長のタンカーも破壊されてしまう・・・。
 ショックでZATもタロウもしんじられなくなる健一。
そのとき、タンカーを襲った怪獣サメクジラが街にあらわれ暴れる。
光太郎はウルトラマンタロウに変身するが、そこにバルキー星人もあらわれ、なんとかサメクジラをたおすが、星人には逃げられる。
 やけになってウルトラマンの人形をこわす健一は光太郎に
「タロウがもっとはやくきてくれればお父さんはしななかった!」
とせめるが、光太郎はそんな健一の依存心を断ち切ろうと、自分こそがウルトラマンタロウであること、そしてもうタロウの力はつかわないといい、ウルトラバッジをウルトラの母に返却。
 現れたバルキー星人に人間として立ち向かう。
コンビナートにさそいこまれたバルキー星人にオイルが付着し、引火してコンビナートごとバルキー星人をたおす。
 後日。光太郎はZATを退職し、ひとごみの中にきえていった・・・。


感想
・・・ということで、途中、放送時間がかわりながらもなんとか全部みました、ウルトラマンタロウ。

 今回のツッコミ。
バルキー星人を倒すためとはいえコンビナートの被害が尋常じゃなさそう。(

・・・というヤボなツッコミはさておいて、このウルトラマンタロウの物語は最後になにがいいたいのか。やはり、初代ウルトラマンやセブンのように
「地球は、地球人の手で守りぬくべき」
もあるだろうし、
「人間として努力しないとウルトラマンの奇跡は起きない」
というのもありそう。
人をあてにするより前に自分ができることをしないといけないのですな。


 子供心に再放送でみて「バルキー星人ってなんでレオに顔が似てるの?」と思ったら、次回作「ウルトラマンレオ」のレオのNGデザインの流用なんですね^^;


 と、いうことで、1年間ありがとうございました。
次はウルトラQか・・・。観ようかどうしようかなやむ^^;

ウルトラマンタロウ 第52話

ウルトラマンタロウ
第52話「ウルトラの命を盗め!」


 ZATでは半年に一度体力測定があり、新しく副隊長に任命された二谷ははりきっていた。そんな姿を見る光太郎。
 そのとき、ふたりのもとにZAT本部から、宇宙に異常があると知らせが入り、基地に戻る。
 宇宙空間では泥棒怪獣ドロボンを「帰ってきたウルトラマン」(新マン)が追っていたが、ドロボンは新マンを振りきり、東京に降り立ったドロボンは、タロウを呼び続ける。
スカイホエールとスワローの攻撃はきかず、しかも二谷副隊長の乗ったスワローが捕らえられ人質にされてしまう。
 ウルトラマンタロウが応戦するが、人質がいてはたたかえず、いったん退却。
光太郎に戻ったところで、郷秀樹(新マン)に出会い、郷は光太郎にわびる。
 郷いわく、
「宇宙戦争のきりふだとして、タロウを自軍の戦力にしたいのだろう」
 だが光太郎はそんな要求はのめないと郷に告げ、郷がかわりになることにする。
 郷秀樹は新マンに変身し、自分のウルトラの命をドロボンにつかわせることにし、副隊長を取り戻して力つきる。そのあとタロウが3分間ドロボンにウルトラの力をつかわせ、カラータイマーの効力がなくなる直前に新マンのタイマーをとりもどし、新マンを太陽につれていく。
 そしてタイマーがなくなって人質もいなくなったドロボンは、ZATの怒りの攻撃にやぶれるのであった・・・。


感想
 新マンの手足が赤かったんですが・・・前回のウルトラの父が本来赤い手足なのに銀色だったし、絶対ふたりをとりちがえてるって><
(でも文献によってはわざと赤にしたって書いてある・・・)

ついに来週、最終回ですか・・・。

ウルトラマンタロウ 第51話

ウルトラマンタロウ
第51話「ウルトラの父と花嫁が来た!」


 突然現れ暴れる怪獣リンドン。ヤツは光太郎と南原の乗ったコンドル一号をくわえてしまうが、コンドルの自爆の瞬間、変身したタロウによって、南原はすくわれ、タロウによってリンドンはクビをくられて死亡する。
 その午後、南原の元を母親が女性を連れてたずねてきた。
じつは彼には故郷にのこしてきた婚約者がいたのだ。
だが南原はZATの仕事がキケンだからと、結婚していいかなやむ。
 母親と婚約者がかえりがけに、怪獣をみにいったら、怪獣リンドンがいきかえった!
クルマでたまたまとおりがかった光太郎と南原は2人を救出するが、リンドンが暴れたコトにより婚約者はしぼうしてしまう・・・。
 光太郎は変身しようとするが、南原母がいて変身できない!
そのとき、ウルトラの父がやってきて、リンドンをたおし、婚約者を生き返らせた。
 そして後日、南原と婚約者は祝言をあげるのだった・・・。


感想
 とりあえず、くびをきりおとしたからって、放置したタロウとZATに責任があると思う。

東野英心さんが降板し、かわりに三谷昇さんが副隊長に。
名古屋彰さんもひさしぶりの登場だ。

 リンドンは正統派の怪獣デザインなんだけど、タロウ怪獣で言うと、ベロンとかモチロンとかのインパクトがすごすぎて、いまひとつ印象がうすいねえ・・・。

 ウルトラの父、手足が銀色だなあ・・・。(本当は赤)
そうかと思えば次回の新マンが手足赤いし、ふたりの手足まちがえたんじゃなかろうか。
(新マンの手足の赤はわざとです、といわれてるけど)

ウルトラマンタロウ 第50話

ウルトラマンタロウ
第50話「怪獣サインはV」


 その日、空から、球に変身する怪獣ガラキングがおちてきた。
ガラキングは町を破壊する。
そこで逃げてた介護師の女性・ユキはなんとガラキングに説教をはじめる。
あぶないから逃げろと言う光太郎のことばに耳をかさず、近所の老人ホームのおとしよりを避難させるのが優先だというユキ。
 ガラキングはあろうことに、ガスタンクをみつけ、それをお手玉代わりに遊びはじめる。
それをZATが破壊すると逃げていく。
その後ユキは、スチュワーデスになるために、老人ホームをはなれるというが、老人たちはさびしそう。
 そんな老人たちのために、近所の子供たちに半ばむりやりバレーをさせ、おとしよりたちと試合をして触れ合ってもらおうとするが、そこにまたガラキングがあらわれる。
 おこったユキは、ガラキングとバレー対決をはじめる・・・。



感想
 なにを書いているのかわからないかと思うが、私もよくわからねえww

 なくなられた坂口良子さんがゲストでしたが、うーん・・・。このころ本当に「サインはV」をやってたとはいえ・・・このユキって、一歩間違えればジャイアンみたいな性格だなあ^^;
 子供たちがバレーをやってるところに強引に入って「私がコーチをやってやる!」だし。
ZATがガラキング相手に優勢になったら「怪獣がんばれ!」だし。(彼女いわく「弱いほうを応援する」・・・怪獣って別によわくないんじゃ・・・)

 ガラキング、ガスタンクでボール遊びするのもあぶないけど、近くに老人ホームがあるのをわかってて戦闘機で怪獣とその一帯(ガスタンク置き場)を発砲するのもあぶないww

ウルトラマンタロウ 第49話

ウルトラマンタロウ
第49話「歌え!怪獣ビッグマッチ」


 とある山奥の村にずっと前から生息していた、温厚な怪獣オルフィ。
村人たちはオルフィの歌声で、その年が豊作かどうかをうらなっていた。
 そんなのどかな村の怪獣に目をつけて、「オルフィをいけどりにしよう」とたくらむ連中があらわれた。
 北島隊員と光太郎がじゃまをして、その団長が持っていた麻酔をうばいとり、北島が山道でネンザしたときに麻酔をつかうが、それは麻酔ではなく興奮剤であった。
 団長はオルフィをおとなしくさせるどころか暴れさせて、怪獣を放置しているZATの責任を追求し、壊滅にもっていこうとしたのだ。
 最後は団長が宇宙人の正体を現してオルフィの出べそにはいりこみ、オルフィをあばれさせるが、光太郎がタロウに変身して宇宙人を除去。
おとなしくなったオルフィは山にかえっていくのであった。


感想
 このころ、東野英心さんがケガしたせいか、声がかわって、しかも最終回ちかくには姿も現さなくなるんだよね・・・。
 ・・・この宇宙人、なにがしたかったのかよくわからない。

ウルトラマンタロウ 第48話

ウルトラマンタロウ
第48話「日本の童謡から 怪獣ひなまつり」


 ひな祭りの日、宇宙からよっぱらい怪獣ベロンが東京に落ちてきた。
ベロンはZATの飛行機が近づくたびに瞬間移動で逃げ回り、ZATを翻弄する。
 そこに姉に女装させられていた少年太郎が、ベロンを連れ戻しにきた宇宙人の少年グループと出会い、ベロンをもっと酔っ払わせて寝させてしまおうとするが、うまくいかない。
 最終的にはウルトラマンタロウがベロンに水をぶっかけ、宇宙につれていくのであった・・・。



感想
 今日のタロウは・・・・・非常に感想がかきづらい・・・^^;
ひなまつりと怪獣、なんも関係ないし・・・。女装させられた少年はなんでそんなことやらされてたのかもわからないし^^;
 母と一緒にみててもふたりで「ひなまつり関係ないじゃん」といってたし^^;

 山本リンダやフィンガー5を歌って躍るのが時代を感じるw
阿久悠と川口真つながりかな?

ウルトラマンタロウ 第47話

ウルトラマンタロウ
第47話「日本の童謡から 怪獣大将」


 その日、宇宙から地球目指してやってくる怪獣・ゴルゴザウルス2世を迎え撃とうと、タロウが宇宙で怪獣と交戦。からくも怪獣をたおすが、タロウは左腕にケガを追ってしまう。だが、地球防衛に休みはない・・・。
 翌日、三角巾をしてZATに出勤した光太郎は「タロウになって戦ってケガをした」とはいえず、風呂場でころんだとごまかすが、荒垣副隊長にしかられてしまう。
 夕方、光太郎と南原がパトロール中、採石場の山にのぼって「お山の大将」をうたいながら涙をながす少年をみかける。
その少年は健一くんの同級生で、なにをやっても1番の子だった。・・・が、女の子をかばって、怪獣の子をたおしてしまったから、親が怒って冬眠から覚めてしまい、少年はみんなにせめられてしまうのだった・・・。



感想
 「お山の大将」って、うちらの世代でももうなじみが薄い歌だなあ・・・。
ちょっと、大将も、女の子も、どちらもひとことくらい謝罪があってもいいとおもうんだ・・・。

ウルトラマンタロウ 第46話

ウルトラマンタロウ
第46話 「日本の童謡から 白い兎は悪い奴!」


 60年に一度、地球に接近するハーシー大彗星。
そのしっぽにはピッコロという宇宙人が乗っていたが、ピッコロが地球をのぞこうとしたとき、彗星から落ちて、ピッコロは地球に激突!
しかたないので地球見物をすることにする。が、そこでピッコロは、とあるウサギと少年が、アパートの大家から文句を言われているところを見てしまう。
 大家はウサギ(というか動物全般)がだいきらいで、ついにはウサギに毒入りエサをくれてころしてしまう!
 なぜかウサギをシンクロして苦しみだしたピッコロは激怒して地球人を嫌いになり巨大化して大暴れをはじめてしまう!
ピッコロは光太郎をウルトラマンタロウと見抜いて、仕方なく光太郎は変身。
タロウが「確かに一部に悪い人間はいる。でも多くの人間はいい人だ、そんな人たちを巻き添えにはできない」としかたなく戦い、ピッコロをダウンさせる。
そして疲れたピッコロを彗星までほおり投げて、ピッコロはかえっていくのであった・・・。



感想
 大泉洸さん、こういうエキセントリックでイヤミな役ぴったりだな^^;

しかし、サブタイと内容でかみあってないような・・・。(タロウはそういうの多いけど)
「白い兎は悪い奴!」だけど、兎は殺されちゃう方なのでどっちかというと「白い兎を殺した大家は悪い奴!」じゃね?と、約30年ぶりにみて思いました(前の再放送がそのくらい昔・・・私が見てた範囲では)

ウルトラマンタロウ 第45話

ウルトラマンタロウ
第45話「日本の童謡から 赤い靴はいてた・・・」

 ある仕事明けのあさ、北島は赤いクツをおとした子と「マリ」という名前をみて、昔を思い出す。
赤い靴をはいた女の子の幼馴染みが北島にはいたが、突然謎の大人につれていかれてしまった過去を。
 次の朝、北島の部屋を「マリ」という女がたずねて来る。彼女こそ幼馴染みのマリだった。北島はうれしさのあまり翌日ZATに招待しようとするが、彼女の正体はサイボーグで、ドルズ星人の破壊兵器にされていたのだ・・・。
 マリは北島に、「自分を殺してくれ」と言うが、北島も光太郎も人間の姿ではうてない。
ついに怪獣メモールと化すマリ。
北島はウルフ777にのりつっこもうとするが、失敗、ウルトラマンタロウに助けられる。そしてタロウがメモールを宇宙にほおり投げるが、彼女が元に戻るのか、それともドルズ星にもどるのかは、誰もわからなかった・・・。



感想
 なんか今日はしんみりとして、北島隊員がかっこよかった・・・。
救いのない話だなあ・・・。子供のころはあまり気にしなかったけど。
ウルトラの母、息子(タロウ)だけ助けてないで、マリもたすけてやれよ!。・゜・(ノД`)・゜・。

と思ったら、来週からタロウの放送時間が「MX2」の月曜23時からって・・・!

ウルトラマンタロウ 第44話

ウルトラマンタロウ
第44話「あっ!タロウが食べられる!」


 とある神社で年男の北島隊員と東光太郎が豆まきをしていたところ、きさらぎ星人オニバンバが老婆にばけて、「オニをいじめるとは許せん!」とおこる。
 そしてちょっとしたことから仲たがいした兄弟とともに、タロウをころそうと思いつく。オニバンバの魔術により、豆に入れられてしまった光太郎とおにいちゃん。弟の豆袋に混ぜられ、兄とタロウを食い殺させようというのだ!
 あと一個で食べられる!と言うところで、弟がオニバンバを発見、豆を手放し、その豆をオニバンバに投げたため、助かり光太郎はタロウに変身、豆まきでおいかえすのだった!


感想
 怪獣のオニバンバよりも、老婆の顔のほうがこわかったんですが・・・・・・。途中、口裂け女みたいなおめんになるし(

ウルトラマンタロウ 第43話

ウルトラマンタロウ
第43話「怪獣を塩漬にしろ!」

 八百屋の息子タケシは、母親がなくなってから父親に反抗したり、野菜嫌いになっていた。そんなある日、空から怪獣のタマゴがふってきて、タケシの目の前で孵化。モットーモットーとなくことからタケシは「モットクレロン」と名づけて野菜を与えてしまう。
 そして野菜の味をおぼえて成長したモットクレロンは町中の野菜をもとめてあばれだし、もうタケシの声もとどかない。
 東光太郎はウルトラマンタロウに変身し、野菜なら塩漬けだ!と、どこからかでてきたタルにモットクレロンをおしこめ、ふんで塩漬けにして小さくして、宇宙にかえしてやるのだった・・・。

感想
 シュールすぎる^^;
 ビタミン不足の宇宙人がモットクレロンを地球に送り込んだらしいが、どうやって一匹のモットクレロンから宇宙人たちがビタミンを摂取するのかは不明・・・。

ウルトラマンタロウ 第42話

ウルトラマンタロウ
第42話「幻の母は怪獣使い!」


 東光太郎が再会した後輩の父親はひそかに、10年前にトラックにひかれて死亡した妻のアンドロイドを作っていた。
 それは父親が、事故死した妻にもう一度会いたいがために、独学で作ったモノだった。
 が、そんなだんなの「事故死においやったクルマがにくい」という怨念だけがアンドロイドに乗り移り、アンドロイド聖子は動き出し、エレジアをつくりだしてクルマを襲わせる。
 もうそんなアンドロイドには、夫のさけびもきこえない・・・。


感想
 なんというか・・・SFというよりもオカルト?ですよね、この話。

姿だけそっくりに作っても、当然心はマネできないしなあ・・・。

ウルトラマンタロウ 第41話

ウルトラマンタロウ
第41話「母の願い 真冬の桜吹雪!」

ある冬の日、とあるカベに怪獣がにげこみ、子供がその線をなぞって怪獣をかいてしまう。
それをしらない子供は、入院中の母の見舞いに行く。
母は、怪獣よりも花がみたいといったため、カベいっぱいに桜の絵をかく。
だが、のこっていた怪獣の絵が、落書きにこまっていたオバサンに消されそうになっため実体化してしまう!


感想
 どことなくガヴァドンっぽい話し・・・なんだけど、こっちは子供が自分から落書きを消そうとしたり、ファンタジー成分すくなめ。

ウルトラマンタロウ 第40話

ウルトラマンタロウ
第40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」


 海王星で暴君怪獣タイラントが生まれた。
タイラントにゾフィーが向かうが、あっさりとたおされる・・・。
 一方、東光太郎はお正月の非番で休みを満喫していた。健一といしょにたこあげにいったときに、自転車の練習をしている少年と出会い、てつだってやることにする。
 おなじころ、天王星では初代ウルトラマンが、土星ではウルトラセブンが、木星では帰ってきたウルトラマンが、火星ではウルトラマンAが次々とタイラントにやぶれる。
 そして地球にやってきたタイラントをたおすために、光太郎がウルトラマンタロウに変身する!


感想
 今回、35大怪獣宇宙人登場とあったけど、タイラントと戦うウルトラ兄弟の名場面集だけなんだもんなあ・・・。
それとウルトラの母の出番、ちょっと最後にうつっただけ・・・。
 あと、あの子には自転車おおきすぎたんじゃないかと・・・。

ウルトラマンタロウ 第39話

ウルトラマンタロウ
第39話「 ウルトラ父子餅つき大作戦!」


 東光太郎と南原隊員がパトロール中、母子寮「はこべ園」の子供たちと出会い、もちつきをすることにする。
 が、そこに月からモチを食べにやってきたモチロンが現れ、モチをたべてしまう。
モチロンは飛行船で移動しながらつぎつぎをモチをたべる。
レーダーに映らないモチロンに手をやくZAT。
 その夜、光太郎の前に、元ウルトラマンAのかたわれ・南夕子があらわれ、モチロンの非礼をわび、モチロンを説得するが、モチロンは夕子の言葉に耳をかさずウルトラマンタロウに力比べをいどむ。しかたなくウルトラマンタロウは力比べをするが、そこにウルトラの父もやってきて、モチロンに帰る前におまえでモチをついて(うすの怪獣なので)、モチをかえせという。
 そしてタロウと、巨大化した夕子がモチをつくのであった・・・。



感想
 あらためて感想をかいていて、自分でもよくわからないな^^;
こういう怪獣だとZATも対処の仕様がないしな・・・。

「おら新潟のモチをくうまでかえらねえどー」
「新潟の米は日本一だっていうからよー」

月をみてもちつきを連想する人間の妄想がモチロンをうみだしたっていうけど、それ日本人だけだよね・・・。

そういえば、ウルトラの父が「ウルトラマンタロウ」に出るのって、これがはじめて・・・?