FC2ブログ

ロボット刑事K

おととい、ガシャをやったのですが、王蛇をのせるので精一杯で忘れてました。

 「東映英雄列伝」のロボット刑事Kです。

DSCN2351.jpg DSCN2352.jpg
次々に起きる不可能犯罪。それは実はロボットレンタル犯罪組織バドーのロボットによる仕業だった。警視庁は、熟年刑事芝に秘密刑事を預けることにするが、その正体はロボット・Kであった・・・。
 すみません、実は「ロボット刑事」、テレビのをちゃんと見たことはないんです>< 原作マンガの文庫本は今でも持っていますが。
DSCN2355.jpg DSCN2356.jpg
このポーズは、衣服を脱ぎ捨て、戦闘スタイルになる直前のものです。帽子ははずせます。しかし、こんな派手な服の秘密刑事いないと思う^^;

ハヤテのごとく!26話

ハヤテのごとく!
第26話「お届けまで29分でしたので、規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話」

 ハヤテは、ナギのネタ作りのためにレンタルショップタチバナに行く途中で、ギルバートに襲われる。その途中の公園で西沢さんに遭遇。ギルバートを撃退するものの、なぜか西沢さんに告白の返事をせまられて困ったハヤテは記憶喪失を装うことに。そこに、ナギお嬢様がやってきたからさあ大変・・・。西沢さんはナギに
「ハヤテくんは、私の大事な執事なんだから!」
と宣戦布告する・・・。

感想
 今回のは、記憶喪失を装ったハヤテが悪いと思いました。そのうち刺されるんじゃないか、こいつ?
 そういえば、ハヤテが公衆電話から武器をよびだすのってあれ「電脳警察サイバーコップ」が元ネタのような気がします^^;まるっきり描写がいっしょだし。
 次回からはオリジナル話なのかなあ。正直、いままでオリジナル話はつまらないのが多かったので微妙・・・(今回はよかったと思うけど)。

プリキュア5#33

Yes!プリキュア5
第33話「大スクープ!プリキュア5独占取材!」

 サンクルミエール通信(学校新聞)に、フットサル部の敗北が載っていた。原因はキャプテンのケガだったのだが、それを知らずに記事にしたことにりんが激怒!(おお、りんだけに『怒りん気』だわw)
 それをしって増子さんも自分の取材不足に悩み、落ち込んでしまう。のぞみは、増子さんを励まそうと試みるがうまくいかない。
 彼女が言うには、最初は新聞部にも仲間がいたのだが、増子さんのやりかたについていけなくなり、ひとり、またひとり離れていったという・・・。
 一人、新聞部で備品整理をしていたら、ブンビーが現れ、増子さんを追い詰める。・・・追われていた増子さんを助けるために、5人はプリキュア5に変身。増子さんは、無意識にカメラを構え、プリキュアの戦いをカメラに収めるのだった。

感想
 久しぶりにプリキュアと増子さん以外の生徒を見たような気がするわ^^;なるほど、増子さんは自分でも気がついていたわけね。「新聞」からゴシップ雑誌みたいになってることには。でもひとりだから・・・じゃあ、前の仲間に頭を下げて、もう一度やろうといえばいいのにね。(それができてたらとっくにやってる)
 新ED・・・「ガンバランスdeダンス」のプリキュア5バージョンって・・・。なんとなく手抜きっぽくないでしょうか><去年と同じ曲じゃん!それと去年の五條さんのボーカルの方が良かったと思います。

ゲキレンジャー30話

獣拳戦隊ゲキレンジャー
修行その30「セイセイでドウドウの女」

 メレは、久津ケン(以降ヒゲヤン)に勝負を申し込む。それは、正々堂々勝って操獣刀を手に入れるという彼女のプライドだった。だがそこにゲキレンジャーが加勢にくる。やるきをなくしたメレは去るが、ロンはそんな彼女を言葉攻めで誘惑する。
「理央さまのために、手段は選ぶな」
と。そしてヒゲヤンの妹を誘拐。そんなとき、新生チョウダが現れ、前回戦っていないゲキチョッパーのみが攻撃可能になるが、戦場に妹を発見し、戦線離脱、バイオレットはチョッパーを追う。
 だがこれはロンの幻影で、妹の命が惜しければ操獣刀を持って、ひとりで倉庫に来いといわれる。ゴウも行くというが、ヒゲヤンは彼を気絶させ、一人で行く。
 待ち構えていたメレ。ヒゲヤンは変身をせずに、メレに勝利するが、またしてもメレがロンの言葉に乗ってしまい、ヒゲ妹を殺害しようとし、ヒゲが妹を助けようとしたその隙に操獣刀を入手するが、「セイセイドウドウな女」から「卑怯者」に成り下がってしまう。そんな彼女のプライドを失った悲しみと怒りが、怒臨気を覚醒させる・・・。

感想
 まず、私は「久津ケン」をこれからもヒゲヤンキー(ヒゲヤン)と呼びますのでご了承ください。
 今回はまるっきりメレのお話でしたね~。それはいいんだけど、メレとからむの、せめてゲキイエロー・ランにしてほしいわ。じゃないとますますランがいらない子に・・・;;
 というか、そもそもヒーローだけで3~5人いる戦隊のフォーマットで、「敵役」の方をこんなに描写するのは無理があるというか、その分ヒーローが目立たなくてかわいそう><
 それにしても、苦戦するのも毎回ただやられるだけじゃなくて、いったん善戦するけど決め手に欠く・・・とかの方がよくないか?
 来週は、10月から実写版エヴァンジェリンになるなつめ嬢と、「喰いタン」のメガネくんの登場だだだだだ!(らき☆すたOP風にw)