スマイルプリキュア!第37話

スマイルプリキュア!
第37話「れいかの悩み!清き心と清き一票!!」

 みゆきたちは、れいかが次期生徒会長にふさわしいとおもっているが、当の本人は、自分はそんな器ではないという。
 一方、バッドエンド国では、ウルフルンたちがドラマをみて、なにを思ったのか、生徒会長になれば学校を思い通りにできると勘違いし、人間に変身して七色ヶ丘中学校にのりこみ、生徒会長に立候補するといいだす。
が、ウルフルンタローのマニフェストは「宿題をなくす」、
アカイオニキチのマニフェストは「ゲームやマンガ持込放題」、
マジョウリナのマニフェストは「お菓子やお茶食べ放題」・・・というムチャクチャなもので、正しい道を歩もうとするれいかはこの3人に不服を申し立て、立候補することにする。

 だが、3人の甘いことばのほうが大人気となって・・・。



感想
 作画がちょっとだけ気になったのはナイショ^^;

今回、うまいこといって支持を得るのが数年前に政権をとったどこかの党のようにおもえた^^;でも、3人のマニフェストって、先生に却下されるんじゃない?ふつう^^;
 れいかさんの声がみんなに届かなかったけど、クラスメートと、同じ生徒会役員は支持してあげようよ^^;
入江会長が出なかったのも不自然だったな。

今回はれいかさん回だったけど、なんというかいまひとつ・・・(´・ω・`)


アイキャッチ・Aパート:ビューティ、Bパート:キャンディ
じゃんけん・パー
EDソロ・ビューティ
エンドカード・プリンセスビューティ

スマイルプリキュア!第36話

スマイルプリキュア!
第36話「熱血!?あかねの初恋人生!!」


 夕方の自主練中あかねが偶然であった外人の少年。
翌日、彼・ブライアンが交換留学生としてやってきた。
先生にいわれ、ブライアンのお世話係をすることになってしまったあかね。
そんなあかねをみて、やよいは

「あかねちゃん、ブライアンのことすきなの?」

と言い出し、告白させようとする。
・・・が、うまくいかず、そのままブライアンとの別れの日がきてしまう・・・。


感想
 なんか、先週との落差がすごいww
あかねを後押しして、みんなで空港に行かせるシーンは胸があつくなりました;;



アイキャッチ・Aパート・プリンセスサニー、Bパート・キャンディ
じゃんけん・グー
EDソロ・サニー
エンドカード・プリンセスサニー

誕生日・・・

 おととい、誕生日でした^^;


ついに40歳・・・。

でもちっともかわりそうにないですw


これからもゆるゆると生きていこうとおもいます。

スマイルプリキュア!第35話

スマイルプリキュア!
第35話「やよい、地球を守れ!プリキュアがロボニナ~ル!?」

 明日は「DX合金ロボッター」の発売日、やよいはみんなをオモチャ屋に誘う。
みゆきはのるが、ほかの3人は微妙な反応・・・。
 当日、5人がオモチャ屋の列に並ぶと、そこにウルフルン、アカオーニ、マジョリーナが現れる。
変身するプリキュアたちだが、マジョリーナのふとしたきっかけで、光線を浴びたキュアハッピーが巨大化し、ロボットに変身してしまう。
これこそは、マジョリーナの新発明「ロボニナ~ル」の効力だったのだ!
 興奮するキュアピース!が、キュアサニーとキュアマーチは冷たい反応、キュアビューティに至ってはよくわかってなさそうで・・・。
 が、ロボニナ~ルは一度しか使えなかった。ウルフルンとアカオーニはハイパーアカンベェをそれぞれ登場させる。
 しかしハッピーロボは単体ではうごかなかった!ということで、4人はハッピーロボの中に入り、操縦しようとするが、ピースは操縦方法を知らなかった。サニーやマーチもうまく操縦できない。
 が、ビューティだけはなんとかうまく操縦でき、がんばって戦う!
(れいかさん、みんなで並んでるときにやよいから超ぶ厚いロボッター大百科を渡されたけど、いつのまに読んだ?ww)


感想
 ひとり興奮しまくりのキュアピースに対し、まったく興味のないサニーやマーチの態度が一番普通っぽいw
ロボット遊びしてるウルフルンとアカオーニがやけにラブリーだったんですがw
 ハッピーロボはなんとなく、ブリキのロボットを思いだしましたw
・・・ですが、今日の話、メインの視聴者(女児)にはどうだったんだろう^^;

おお!原画に大張正己が!!w
あの出だしのロボットアニメのためだけに呼んだのかww


アイキャッチ・Aパート・プリンセスピース、Bパート・キャンディ
じゃんけん・チョキ
EDソロ・ピース
エンドカード・プリンセスピース

スマイルプリキュア!第34話

スマイルプリキュア!
第34話「一致団結!文化祭でミラクルファッションショー!!」


 もうすぐ文化祭ということで、みゆきたちのクラスはファッションショーをやることになった。
が、一人の男子・豊島がこれに反発。やりたくないと意地をはる。
 実は、豊島はバンドがやりたかったのだ。
みゆきたち5人は、なんとか豊島もやりたくなるように説得するが・・・。


感想

 ああ、クラスのだしものっていうと絶対ひとりはこういうこと言い出すヤツっているよね^^;
でもあそこまで反発されたら、「もうほっとこう」ってなるな。
それと、「クラス」の出し物なのに、バンドなんて、残った人たちは何やれっていうんだ・・・?
・・・でも拗ねたら、あんなかわいい女子5人にかまってもらえるのはうらやましいかも^^;

あ、この豊島って、皆川純子さんだったんかー!


こういうの、前にもみたなとおもったら、ハートキャッチにも似た話あったなあ。




アイキャッチ・A:プリンセスサニー、B:プリンセスマーチ
じゃんけん・パー
EDソロ・マーチ
エンドカード・プリンセスハッピー