ハピネスチャージプリキュア!

 3幹部との決戦回なんだけど、この3人、過去にそれぞれの相手とあまりからまなかったような・・・(プリンセスとナマケルダはともかく) 。

キュアプリンセスがイノセントフォームに変身して、「このイノセントな思いを、あなたにもつたえたい!」と言いながら体当たりしたのはわらったw

  クイーンミラージュの部屋に神様とキュアラブリーのふたり(それと珍獣たち)でいったなら、まるで元カレが今の彼女をみせにきたみたいできっついじゃん!?



 もうハピプリは・・・。
こんな恋愛やるくらいなら、もっと幹部の話もやれよ・・・。

 一番の楽しみが、10周年コメントだったしなあ・・・。

ウルトラマンタロウ 第48話

ウルトラマンタロウ
第48話「日本の童謡から 怪獣ひなまつり」


 ひな祭りの日、宇宙からよっぱらい怪獣ベロンが東京に落ちてきた。
ベロンはZATの飛行機が近づくたびに瞬間移動で逃げ回り、ZATを翻弄する。
 そこに姉に女装させられていた少年太郎が、ベロンを連れ戻しにきた宇宙人の少年グループと出会い、ベロンをもっと酔っ払わせて寝させてしまおうとするが、うまくいかない。
 最終的にはウルトラマンタロウがベロンに水をぶっかけ、宇宙につれていくのであった・・・。



感想
 今日のタロウは・・・・・非常に感想がかきづらい・・・^^;
ひなまつりと怪獣、なんも関係ないし・・・。女装させられた少年はなんでそんなことやらされてたのかもわからないし^^;
 母と一緒にみててもふたりで「ひなまつり関係ないじゃん」といってたし^^;

 山本リンダやフィンガー5を歌って躍るのが時代を感じるw
阿久悠と川口真つながりかな?

ハピネスチャージプリキュア!

 ミラージュの力で、世界がサイアークでおおわれていく。
ミラージュをとめるため、ハピネスチャージプリキュアとブルーは幻影帝国の本拠地にのりこむことにする。
 だが、霧のなかではぐれてしまうプリキュアたち。
キュアハニーの前にファントムがたちはだかる。


感想
 ファントムが忠実な犬かとおもったら、ミラージュのパートナー妖精だったのか・・・。
あれ?神様?だったらファントムの正体きづけよ。
 この神様のことといい、世界中にサイアークいるのにワールドプリキュアの姿をうつさないことといい、今年のスタッフダメすぎる。

ウルトラマンタロウ 第47話

ウルトラマンタロウ
第47話「日本の童謡から 怪獣大将」


 その日、宇宙から地球目指してやってくる怪獣・ゴルゴザウルス2世を迎え撃とうと、タロウが宇宙で怪獣と交戦。からくも怪獣をたおすが、タロウは左腕にケガを追ってしまう。だが、地球防衛に休みはない・・・。
 翌日、三角巾をしてZATに出勤した光太郎は「タロウになって戦ってケガをした」とはいえず、風呂場でころんだとごまかすが、荒垣副隊長にしかられてしまう。
 夕方、光太郎と南原がパトロール中、採石場の山にのぼって「お山の大将」をうたいながら涙をながす少年をみかける。
その少年は健一くんの同級生で、なにをやっても1番の子だった。・・・が、女の子をかばって、怪獣の子をたおしてしまったから、親が怒って冬眠から覚めてしまい、少年はみんなにせめられてしまうのだった・・・。



感想
 「お山の大将」って、うちらの世代でももうなじみが薄い歌だなあ・・・。
ちょっと、大将も、女の子も、どちらもひとことくらい謝罪があってもいいとおもうんだ・・・。

ハピネスチャージプリキュア!

 どうもひめばかりが目だって、めぐみがあまり主人公してない気がする・・・。
これならひめをピンクプリキュアにしたほうがよかったんじゃなかろうか。


 最近、ハピネスチャージにかんしてはテンションさがりっぱなしです・・・。

ウルトラマンタロウ 第46話

ウルトラマンタロウ
第46話 「日本の童謡から 白い兎は悪い奴!」


 60年に一度、地球に接近するハーシー大彗星。
そのしっぽにはピッコロという宇宙人が乗っていたが、ピッコロが地球をのぞこうとしたとき、彗星から落ちて、ピッコロは地球に激突!
しかたないので地球見物をすることにする。が、そこでピッコロは、とあるウサギと少年が、アパートの大家から文句を言われているところを見てしまう。
 大家はウサギ(というか動物全般)がだいきらいで、ついにはウサギに毒入りエサをくれてころしてしまう!
 なぜかウサギをシンクロして苦しみだしたピッコロは激怒して地球人を嫌いになり巨大化して大暴れをはじめてしまう!
ピッコロは光太郎をウルトラマンタロウと見抜いて、仕方なく光太郎は変身。
タロウが「確かに一部に悪い人間はいる。でも多くの人間はいい人だ、そんな人たちを巻き添えにはできない」としかたなく戦い、ピッコロをダウンさせる。
そして疲れたピッコロを彗星までほおり投げて、ピッコロはかえっていくのであった・・・。



感想
 大泉洸さん、こういうエキセントリックでイヤミな役ぴったりだな^^;

しかし、サブタイと内容でかみあってないような・・・。(タロウはそういうの多いけど)
「白い兎は悪い奴!」だけど、兎は殺されちゃう方なのでどっちかというと「白い兎を殺した大家は悪い奴!」じゃね?と、約30年ぶりにみて思いました(前の再放送がそのくらい昔・・・私が見てた範囲では)

ハピネスチャージプリキュア!

 うおおおお!!キュアテンダーさんかわいくてつよい!


正直、ひめと交代してのこってほしかった!!(ヲイ


今年のスタッフ、姉妹で変身とかやってくれないのがつらい;;

ウルトラマンタロウ 第45話

ウルトラマンタロウ
第45話「日本の童謡から 赤い靴はいてた・・・」

 ある仕事明けのあさ、北島は赤いクツをおとした子と「マリ」という名前をみて、昔を思い出す。
赤い靴をはいた女の子の幼馴染みが北島にはいたが、突然謎の大人につれていかれてしまった過去を。
 次の朝、北島の部屋を「マリ」という女がたずねて来る。彼女こそ幼馴染みのマリだった。北島はうれしさのあまり翌日ZATに招待しようとするが、彼女の正体はサイボーグで、ドルズ星人の破壊兵器にされていたのだ・・・。
 マリは北島に、「自分を殺してくれ」と言うが、北島も光太郎も人間の姿ではうてない。
ついに怪獣メモールと化すマリ。
北島はウルフ777にのりつっこもうとするが、失敗、ウルトラマンタロウに助けられる。そしてタロウがメモールを宇宙にほおり投げるが、彼女が元に戻るのか、それともドルズ星にもどるのかは、誰もわからなかった・・・。



感想
 なんか今日はしんみりとして、北島隊員がかっこよかった・・・。
救いのない話だなあ・・・。子供のころはあまり気にしなかったけど。
ウルトラの母、息子(タロウ)だけ助けてないで、マリもたすけてやれよ!。・゜・(ノД`)・゜・。

と思ったら、来週からタロウの放送時間が「MX2」の月曜23時からって・・・!