ウルトラマンタロウ 第53話(最終回)

ウルトラマンタロウ
第53話「さらばタロウよ!ウルトラの母よ!」


 ある朝、光太郎は夢の中で、ウルトラの母(人間の姿だけど)に「これから、タロウの力でもどうにもできないことがおこる」と警告され、健一の父・白鳥船長が乗るタンカーが怪獣に破壊される光景を見る。
 そして、健一の友人の父親が乗るタンカーが破壊され、さらに夢の通り、白鳥船長のタンカーも破壊されてしまう・・・。
 ショックでZATもタロウもしんじられなくなる健一。
そのとき、タンカーを襲った怪獣サメクジラが街にあらわれ暴れる。
光太郎はウルトラマンタロウに変身するが、そこにバルキー星人もあらわれ、なんとかサメクジラをたおすが、星人には逃げられる。
 やけになってウルトラマンの人形をこわす健一は光太郎に
「タロウがもっとはやくきてくれればお父さんはしななかった!」
とせめるが、光太郎はそんな健一の依存心を断ち切ろうと、自分こそがウルトラマンタロウであること、そしてもうタロウの力はつかわないといい、ウルトラバッジをウルトラの母に返却。
 現れたバルキー星人に人間として立ち向かう。
コンビナートにさそいこまれたバルキー星人にオイルが付着し、引火してコンビナートごとバルキー星人をたおす。
 後日。光太郎はZATを退職し、ひとごみの中にきえていった・・・。


感想
・・・ということで、途中、放送時間がかわりながらもなんとか全部みました、ウルトラマンタロウ。

 今回のツッコミ。
バルキー星人を倒すためとはいえコンビナートの被害が尋常じゃなさそう。(

・・・というヤボなツッコミはさておいて、このウルトラマンタロウの物語は最後になにがいいたいのか。やはり、初代ウルトラマンやセブンのように
「地球は、地球人の手で守りぬくべき」
もあるだろうし、
「人間として努力しないとウルトラマンの奇跡は起きない」
というのもありそう。
人をあてにするより前に自分ができることをしないといけないのですな。


 子供心に再放送でみて「バルキー星人ってなんでレオに顔が似てるの?」と思ったら、次回作「ウルトラマンレオ」のレオのNGデザインの流用なんですね^^;


 と、いうことで、1年間ありがとうございました。
次はウルトラQか・・・。観ようかどうしようかなやむ^^;

ハピネスチャージプリキュア!

 悪の神レッドに洗脳されたセイジがプリキュアに牙を向く。
セイジとは思うように戦えず、ハピネスチャージプリキュアとブルーはたおれ、もうだめかというとき、キュアテンダーが世界のプリキュアをひきつれて、キュアラブリーのピンチをすくう!



感想
 キュアテンダーがキュアラブリーのピンチを救うのはもえるんだけど、それよりもブルーがバリアはるなりしてやれよ、と思ってしまって・・・。

 もうさー、レッドにブルーをやるから、セイジを返してもらってENDでいいんじゃね?(



あ、「Go!プリンセスプリキュア」の番組宣伝もはじまりました。
今度は期待していいのかなあ・・・・。

ウルトラマンタロウ 第52話

ウルトラマンタロウ
第52話「ウルトラの命を盗め!」


 ZATでは半年に一度体力測定があり、新しく副隊長に任命された二谷ははりきっていた。そんな姿を見る光太郎。
 そのとき、ふたりのもとにZAT本部から、宇宙に異常があると知らせが入り、基地に戻る。
 宇宙空間では泥棒怪獣ドロボンを「帰ってきたウルトラマン」(新マン)が追っていたが、ドロボンは新マンを振りきり、東京に降り立ったドロボンは、タロウを呼び続ける。
スカイホエールとスワローの攻撃はきかず、しかも二谷副隊長の乗ったスワローが捕らえられ人質にされてしまう。
 ウルトラマンタロウが応戦するが、人質がいてはたたかえず、いったん退却。
光太郎に戻ったところで、郷秀樹(新マン)に出会い、郷は光太郎にわびる。
 郷いわく、
「宇宙戦争のきりふだとして、タロウを自軍の戦力にしたいのだろう」
 だが光太郎はそんな要求はのめないと郷に告げ、郷がかわりになることにする。
 郷秀樹は新マンに変身し、自分のウルトラの命をドロボンにつかわせることにし、副隊長を取り戻して力つきる。そのあとタロウが3分間ドロボンにウルトラの力をつかわせ、カラータイマーの効力がなくなる直前に新マンのタイマーをとりもどし、新マンを太陽につれていく。
 そしてタイマーがなくなって人質もいなくなったドロボンは、ZATの怒りの攻撃にやぶれるのであった・・・。


感想
 新マンの手足が赤かったんですが・・・前回のウルトラの父が本来赤い手足なのに銀色だったし、絶対ふたりをとりちがえてるって><
(でも文献によってはわざと赤にしたって書いてある・・・)

ついに来週、最終回ですか・・・。

ハピネスチャージプリキュア!

 ああ・・・。ついにセイジが、レッドによって敵にされちゃった。。


とりあえずセイジは、ブルーなぐっていいと思うよ(

ウルトラマンタロウ 第51話

ウルトラマンタロウ
第51話「ウルトラの父と花嫁が来た!」


 突然現れ暴れる怪獣リンドン。ヤツは光太郎と南原の乗ったコンドル一号をくわえてしまうが、コンドルの自爆の瞬間、変身したタロウによって、南原はすくわれ、タロウによってリンドンはクビをくられて死亡する。
 その午後、南原の元を母親が女性を連れてたずねてきた。
じつは彼には故郷にのこしてきた婚約者がいたのだ。
だが南原はZATの仕事がキケンだからと、結婚していいかなやむ。
 母親と婚約者がかえりがけに、怪獣をみにいったら、怪獣リンドンがいきかえった!
クルマでたまたまとおりがかった光太郎と南原は2人を救出するが、リンドンが暴れたコトにより婚約者はしぼうしてしまう・・・。
 光太郎は変身しようとするが、南原母がいて変身できない!
そのとき、ウルトラの父がやってきて、リンドンをたおし、婚約者を生き返らせた。
 そして後日、南原と婚約者は祝言をあげるのだった・・・。


感想
 とりあえず、くびをきりおとしたからって、放置したタロウとZATに責任があると思う。

東野英心さんが降板し、かわりに三谷昇さんが副隊長に。
名古屋彰さんもひさしぶりの登場だ。

 リンドンは正統派の怪獣デザインなんだけど、タロウ怪獣で言うと、ベロンとかモチロンとかのインパクトがすごすぎて、いまひとつ印象がうすいねえ・・・。

 ウルトラの父、手足が銀色だなあ・・・。(本当は赤)
そうかと思えば次回の新マンが手足赤いし、ふたりの手足まちがえたんじゃなかろうか。
(新マンの手足の赤はわざとです、といわれてるけど)

ハピネスチャージプリキュア!

ハピネスチャージプリキュア!


 やっと世界に平和がもどったが、めぐみの心は晴れなかった。
ブルーとミラージュがよりをもどした結果、むぐみは失恋してしまったからだ。
 ひめ、ゆうゆう、いおなはそんな彼女を元気付けようとパジャマパーティをひらくが、ひとりになるとどうしてもないてしまう。
 そんな翌朝、セイジがめぐみを外に連れ出し、気分転換をさせるが、そこに赤いサイアークが現われ、新たな敵レッドがキュアラブリーを精神的においつめる!


感想
 プリキュアたちのブルー糾弾会には胸がすっきりしたけど、それよりもセイジが・・・><

ウルトラマンタロウ 第50話

ウルトラマンタロウ
第50話「怪獣サインはV」


 その日、空から、球に変身する怪獣ガラキングがおちてきた。
ガラキングは町を破壊する。
そこで逃げてた介護師の女性・ユキはなんとガラキングに説教をはじめる。
あぶないから逃げろと言う光太郎のことばに耳をかさず、近所の老人ホームのおとしよりを避難させるのが優先だというユキ。
 ガラキングはあろうことに、ガスタンクをみつけ、それをお手玉代わりに遊びはじめる。
それをZATが破壊すると逃げていく。
その後ユキは、スチュワーデスになるために、老人ホームをはなれるというが、老人たちはさびしそう。
 そんな老人たちのために、近所の子供たちに半ばむりやりバレーをさせ、おとしよりたちと試合をして触れ合ってもらおうとするが、そこにまたガラキングがあらわれる。
 おこったユキは、ガラキングとバレー対決をはじめる・・・。



感想
 なにを書いているのかわからないかと思うが、私もよくわからねえww

 なくなられた坂口良子さんがゲストでしたが、うーん・・・。このころ本当に「サインはV」をやってたとはいえ・・・このユキって、一歩間違えればジャイアンみたいな性格だなあ^^;
 子供たちがバレーをやってるところに強引に入って「私がコーチをやってやる!」だし。
ZATがガラキング相手に優勢になったら「怪獣がんばれ!」だし。(彼女いわく「弱いほうを応援する」・・・怪獣って別によわくないんじゃ・・・)

 ガラキング、ガスタンクでボール遊びするのもあぶないけど、近くに老人ホームがあるのをわかってて戦闘機で怪獣とその一帯(ガスタンク置き場)を発砲するのもあぶないww

ハピネスチャージプリキュア!

 クイーンミラージュの部屋にのりこんだキュアラブリーとブルー、だが、ミラージュはブルーを拘束し、キュアラブリーとの決戦にいどむ!


 なんというか、神様、いくら拘束されても、ミラージュの名前を叫び続けることくらいできると思うんだけど。
 ただ元カノVS今カノのころしあい、みたいになっちゃってるじゃん・・・・。

 そしていまさら「300年間ずっと好きだった」って、抱きしめておわってもなー・・・。
ほかのプリキュアみたいにまた
「悪いのはディープミラーであって、ミラージュは何も悪くないよ!」
で済ませそうなのがちょっとなあ・・・。
洗脳されてたといえ、これまでの償いをしようよ・・・。

ウルトラマンタロウ 第49話

ウルトラマンタロウ
第49話「歌え!怪獣ビッグマッチ」


 とある山奥の村にずっと前から生息していた、温厚な怪獣オルフィ。
村人たちはオルフィの歌声で、その年が豊作かどうかをうらなっていた。
 そんなのどかな村の怪獣に目をつけて、「オルフィをいけどりにしよう」とたくらむ連中があらわれた。
 北島隊員と光太郎がじゃまをして、その団長が持っていた麻酔をうばいとり、北島が山道でネンザしたときに麻酔をつかうが、それは麻酔ではなく興奮剤であった。
 団長はオルフィをおとなしくさせるどころか暴れさせて、怪獣を放置しているZATの責任を追求し、壊滅にもっていこうとしたのだ。
 最後は団長が宇宙人の正体を現してオルフィの出べそにはいりこみ、オルフィをあばれさせるが、光太郎がタロウに変身して宇宙人を除去。
おとなしくなったオルフィは山にかえっていくのであった。


感想
 このころ、東野英心さんがケガしたせいか、声がかわって、しかも最終回ちかくには姿も現さなくなるんだよね・・・。
 ・・・この宇宙人、なにがしたかったのかよくわからない。