アイドルマスター シンデレラガールズ 特別編

 今回は、しまむー、凛ちゃん、未央の声優さん3人が、1~7話までをふりかえる特別編。

制作が間にあってないんじゃ・・・とか言っちゃダメ(


後半にはあの、武内Pこと武内駿輔くんが登場! この子、本当に17かww

どうみてもうちの姪より年上に見える・・・。

Go!プリンセスプリキュア 第4話

第4話「キラキラきららはキュアトゥインクル?」

 はるかが見ていた雑誌の表紙に、新入生・天ノ川きららが写っていた。彼女はモデルの仕事をしているだ。しかもその写真で持っているのは、プリンセスパフューム!
これは彼女が3人目に違いない!と思ったはるかとみなみは彼女をたずねるが、彼女は仕事が忙しいと相手にしない。
 だがあきらめないはるかとみなみは、彼女の外出先を追っていったら、そこにゼツボーグが現れる。変身してゼツボーグを倒すキュアフローラとキュアマーメイド。
フローラとマーメイドはきららに、プリンセスパフュームはプリキュアの道具だと説明すると

「じゃあ危険そうだからかえすね」

と、パフュームをキュアフローラにかえしてしまう。
だが次の日、きららは偶然、ドレスアップキーと出会ってしまい、それをアクセサリーにファッションショーに出る。そこにまたゼツボーグが現れるが、今度はフローラとマーメイドも苦戦、怒ったきららにキーが反応し、3人目のプリンセスプリキュア・キュアトゥインクルが登場する!

「きらめく星のプリンセス!キュアトゥインクル!」

そしてゼツボーグを倒すのだが、

「え?私、がんばらないよ?」

といい、またもやプリンセスパフュームをかえすのだった・・・。


感想
 なんというかフリーダムな子だね、キュアトゥインクル^^;
いままで、変身失敗とか、自分の過去(昔相手をけがさせた)を恐れてプリキュアにはなりたくない・・・って人はいたけれど、自分からなっておいて、「私プリキュア興味ないし仕事あるし」って人いなかったような・・・。

 今回はみなみさんが好きかなあ。(浅野真澄自体はにがてだけど

アイドルマスター シンデレラガールズ 第7話

第7話

 前回、「アイドルをやめる!」とさった未央。
翌日、卯月と凜が未央を待つがやはりこない。
シンデレラプロジェクトの部屋に入ってきたプロデューサー(以降P)にふたりは未央の住所をきいて未央に会いにいこうとするがPに断られる。
そんなPを信じられなくなってきてる凛・・・。
そして周囲では、「NG解散か」という話題になり、みくは憤りをかくせない。
 翌日、卯月も風邪をひいてしまい欠席。
凜はPの真意をきこうとするがPは答えない。凜はそんなPを見限って帰ってしまう。
Pは卯月のお見舞いに行き、卯月はこれからも3人でがんばりたいと笑顔で答え、ついに未央を迎えに行く決心をする。


感想
 Pのつねづねいってた「笑顔」っていうの、あれ本人たちのこともさることながら、周囲のお客さんの事も笑顔にできることの意味合いもあるのかな、と思いました。
 そしてPも丁寧語をやめさせられ、やっとみんな「仲間」になりつつあるのかな。
Pがうろたえながら「努力しま・・・する・・・」っていうのにはちょっと萌えたw

 しかし、未央がリーダーっていうのにいまだに違和感が・・・。
もうトッキュウジャーみたいにみんながリーダーで、
「表のリーダー・未央」
「裏リーダー・凛」
「笑顔リーダー・卯月」
でいいような気がしてきたぞ?

 でもみくにゃん、一発くらい未央の頬をひっぱたいて「これでチャラにしてやるにゃ」っていってもいいのよ?(ヲイ

Go!プリンセスプリキュア 第3話

第3話「もうさよなら?パフを飼ってはいけません!」

 前回なくした3つ目のプリンセスパフュームを探すはるかとみなみ。
だがそんななか、犬のようなパフが寮生にみつかり問題になる。
そこでみなみは「寮生全員の許可がもらえればパフを女子寮で飼う」という条件を出す。
だがひとりかたくなに反対している如月さんは犬が苦手で・・・。
 一方、ディスダークの2人目の刺客がやってきて、柔道部員に目をつける・・・。



感想
 てっきり如月さんがディスダークにねらわれるかと思ったら、そんなこともなく、パフが彼女をまもろうとする展開だった。

キュアトゥインクル(というかきらら)は今回ほとんどでてないので、あまりかくことがない^^;

アイドルマスター シンデレラガールズ 第6話

第6話

 CDデビューにむけて、レコーディングやダンスレッスンに励む、島村卯月、渋谷凛、本田未央(ニュージェネレーションズ)と新田美波、アナスタシア(ラブライカ)の5人。
Pもがんばって宣伝活動にはげむ。
 そして当日。
シンデレラプロジェクトのメンバー(みく、利嘉、みりあは仕事で、杏は寝ててこれず)や、城ケ崎美嘉も見学にきて、いよいよ本番!
 ラブライカは笑顔でおえられたのだが、ニュージェネレーションズは未央が微妙な空気・・・。
未央はクラスメートの声援の声を聞いて、楽屋に戻ってしまう。
そして未央はPにグチを言う。

未央「お客さんめちゃくちゃ少ないじゃん!」

Pは「十分です」と言うが

未央「前のライブと全然違うじゃん・・・
凄いライブやるからって、友達に言ったのに・・・
私バカみたいじゃん・・・」

美嘉「それって、私のライブにでたとき(第3話)のこと・・・?」

そして困ったPが言い放った一言の

「当然の結果です」

に傷つき、未央は

未央「当然・・・?なんで・・・?私がリーダーだから?
もういいよ・・・私、アイドルやめる!!」

と言い残して走り去って行き、追いかけた凛もPをにらんで行く・・・。




感想
 うーん・・・ラブライカが成功して喜んでる中で、未央だけ不機嫌で皆に挨拶もせずにふてくされて、その理由がこれなのはちょっとなあ・・・。
 もともと第3話のライブはちゃんと全国からファンがチケットをわざわざ買って足をはこんでくれて、満員で、しかもニュージェネは美嘉のオマケだったんだから、あれを基準にするのがおかしいし、それでもモールのステージでデビューイベントをやって、そこそこ足をとめてみてくれるお客さんや未央の友達もきてくれたのに、明らかにガッカリした顔をしちゃだめだろう。
 おかげでラブライカの歌が印象に残らなかった^^;

Go!プリンセスプリキュア 第2話

Go!プリンセスプリキュア
第2話 「学園のプリンセス!登場キュアマーメイド!」

 (前回の続き)キュアフローラこと春野はるかは、たすけだしたルームメイト・七瀬ゆいに、自分の夢をかたる。
そのころ、生徒会長・海藤みなみは、砂浜でドレスアップキーを拾う。
 翌日。早朝トレーニングをはじめたはるかは入学式に遅刻してしまい、教師におこられるが、みなみにかばわれ、バツとして草むしりをすることにする。
 草むしりをしてるときに、みなみのバレエの練習を見て、彼女にバレエを習いたいと思い、おもいきって彼女に「バレエを教えてください!」と言って承諾される。
 そんななか、みなみのマネをして華麗な技をやろうとして足をくじいてしまい、みなみにテーピングされる。
 ・・・が、タイミングわるく、クローズがサッカー部員をゼツボーグにしてしまう。
逃げるみんなと反対の方に走っていくはるかを追ったみなみは、はるかがキュアフローラに変身するところを目撃。
 足をくじいてうまく戦えないキュアフローラ。
そこにみなみが現れ、学園のみんなを、そしてキュアフローラを助けたいと思う気持ちにドレスアップキーがこたえ、みなみが変身する!

「すみわたる海のプリンセス、キュアマーメイド!」

キュアマーメイドは華麗にゼツボーグを浄化。サッカー部員ももとにもどる。
が、戦いの途中にアロマ(インコ)が3つ目のプリンセスパフュームをなくしてしまい・・・。


感想
 おおーー!きれいな浅野真澄だ(ヲイ
青で生徒会長でお姉さん系だから「私がやらなきゃダメみたい」で変身失敗かとおもったら、そんなことなかったぜ。(それひとりだけ)

アイドルマスター シンデレラガールズ 第5話

第5話

 プロデューサーから、CDデビューがきまったと言われる、新田美波、アナスタシア、島村卯月、渋谷凛、本田未央。
 よろこぶ未央だが、城ケ崎利嘉と前川みくからは不満の声が出る。
 そしてみくは何度も「勝負にかったらデビューさせてにゃ!」と言うが、Pはとりあわない。
不満が爆発したみくは、利嘉と双葉杏を味方にして、カフェでストライキを行う!


感想
 第3話よりもなんかみくがせつない。
先にオーディションに受かってレッスンしてるのに、補欠だった3人(卯月・凛・未央)が先にデビューがきまって、おいてかれそうになるあせりがよくでてる・・・。
PはPで、くちべたなところもあるし、「他の子もデビューがきまってる」と言っても、検討中ではうかつにいえないだろうし。

 しかし普段やる気ない杏が、みくが「ストライキにゃ!」って言ったとたんにすばやく反応するのがわらったw

 今日はイメージシーンで、ミニのセーラー服の美波さんとアナスタシア、あと制服のボタンがはじけて胸がみえちゃった及川さんとか、変にサービスシーンあったけど、わたし、アイマスにそれもとめてない^^;

Go!プリンセスプリキュア 第1話

Go!プリンセスプリキュア
第1話「私がプリンセス?キュアフローラ誕生!!」

 プリンセスになることが夢の春野はるかは、謎の王子様・カナタからドレスアップキーをもらう。
それから数年後、私立ノーブル学園にかようことになり、女子寮にはいったはるかは、ルームメイトのゆいと出会い、彼女に寮内を案内される。
 彼女の夢「絵本作家になりたい」を聞いたはるかは、自分の夢はなにかときかれるが、「プリンセスになりたい」と言えず逃げ出す。
 そこではるかはパフとアロマという珍獣に出会い、さらに悪の「ディスダーク」幹部・クローズにおそわれかける。
クローズははるかを探しにきたゆいをゼツボーグ化する。
はるかは、脚元におちた「プリンセスパフューム」にドレスアップキーをさしこみ、プリンセスプリキュア、キュアフローラに変身して戦う!

「プリキュアプリンセスエンゲージ!、咲き誇る花のプリンセス!キュアフローラ!!」

「冷たい檻に閉ざされた夢!返していただきますわ!お覚悟はよろしくて!?」


感想
 うわ~~!
 第1話でここまでうごいて、きれいに戦闘を終わらせたプリキュアってスマイル以来じゃない?
・・・まあ、スマイル1話だとキュアハッピーあわあわするだけで、あまり戦ってなかったけど^^;