Go!プリンセスプリキュア 第9話

第9話 「幕よあがれ!憧れのノーブルパーティ!」

 ついに今夜はノープルパーティの日。はるかは完成したドレスを着てごきげん。
生徒会長であるみなみも、この日のためにがんばってきた。
だが、そんな最中に、ホールの電源が落とされ、みなみが夜の管理室に見に行くことにするが、実はみなみはオバケが大の苦手で・・・。



感想
 涙目のみなみさんがとてもかわいかったです!
でも幽霊の幻影をみせたのがゼツボーグのしわざだってばれてるんだからあそこまでこわがらなくても^^;


ところでハマーン様(違)に「もうあとはないぞ」といわれてしまったクローズは今後どうなっちゃうんでしょうね。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第11話

第11話

 前川みくと多田李衣菜がユニットデビューすることになったが、ネコミミを強要したがるみくと、ロックしか言わない李衣菜で口論ばかり。
卯月たちは「なんでこのふたり?」と不思議におもい、本人たちも「どうせ余ったふたりだからでしょ?」とおもってしまう。
 が、そんなとき、城ケ崎莉嘉から「いっしょにすめばいいじゃん」といわれ、プロデューサーもそれを了承する。



感想
「あまりものだから適当にくませたんでしょ」
って李衣菜がいったとき、
「そのとおりです」
とおもっちゃった^^;

あと、ユニット名は「ネコロック」だろ?とおもったけど最後はAから始まるユニットだろうからそれはないか。

Go!プリンセスプリキュア 第8話

第8話 「ぜったいムリ!?はるかのドレスづくり!」

 今度、ノーブル学園パーティがひらかれるとしり、ドレスを作ることにするはるか。
ドレス作りに熱中する余りに、勉強も睡眠もおろそかになってしまう。
そんなはるかを怒るみなみ。
はるかを心配するきらら。
 そんなときにもゼツボーグが現れ、きららははるかには知らせずにみなみとふたりで戦う。
が、けっきょくははるかも合流し、3人でゼツボーグをたおすのだった。
 そしてついに、ドレスが完成する!



感想
 今日、お彼岸で色々あってゆっくりみれなかった(´・ω・`)

とりあえず、今回、はるかがバトル後に倒れて入院!というフレッシュでみたパターンにならなくてよかったです。

パフはとらぶってもすぐ謝れるよいこ!
3年前には
???「・・・キャンディ、悪くないクル~・・・」
っていう妖精もいたっけな・・・。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第10話

第10話

 諸星きらり、城ケ崎莉嘉、赤城みりあの3人は、「凸レーション」として活動をはじめ、ブランドとコラボが決まり、トークイベントを行う事になった。
なかなか順調で、お忍びでイベントにきた姉・城ケ崎美嘉にも、いい感じとほめられる。
 次の会場に向かう途中、きらりが原宿でクレープを食べたいといいだし、3人とプロデューサー(以降P)が原宿をぶらり。
が、3人の写真(公式HP用)を撮っていたPは、警官の職務質問にあって交番へつれていかれ、3人とはぐれてしまい、きらりが事務所に電話、莉嘉は美嘉に電話する。
 Pはちひろさんが迎えにきたが、こうして、3人、美嘉、Pがすれちがっていくのであった・・・。


感想
 意外とこの3人もよかった。前回よりも好きかも!子供二人といると、保護者っぽくせざるをえないきらりも実は内心不安だっただろうなー、きらりが落ち込むと本当に不安になる^^;

 もしものときのために呼び出された凛・新田さん・蘭子のクール属性にキラキラなパッション属性である「凸レーション」の衣装を着せようとするちひろさんの笑顔がこわいw

 美嘉との通話中に莉嘉が人にぶつかりスマホを落として壊してしまい通話がブツ切れになり、不安になった美嘉がPを発見したとき、くってかかるのがよかった。


 ・・・でも誰か、事務所にお留守番してる卯月のこともおもいだしてあげて^^;

 あと、そろそろみくにゃんにも出番を・・・;;

Go!プリンセスプリキュア 第7話

第7話 「テニスで再会!いじわるな男の子!?」

 校内球技大会がひらかれることになり、はるかはテニスで出場することになる。
(ちなみにみなみはサッカー、きららはバスケ)
はるかとダブルスを組む事になったユウキくんは、テニス部員で女子にもてもて。
が、よくみると子供のころ、はるかの「プリンセスになる」という夢をバカにした男子だった。
そんなユウキに「テニス大会ではなにもするな」と言われ、はるかは悔しさでテニスの特訓をすることにする。
 そして当日、試合中にディスダークが現れ、ユウキがゼツボーグにされてしまう!


感想
 あー・・・。こういう男イラネ。

アイドルマスター シンデレラガールズ 第9話

第9話

 今度は三村かな子、緒方智絵里、双葉杏の3人がユニットを組んでCDデビューをはたし、テレビのクイズ番組に出て勝てばアピールできる、ということになった。
 3人は未央やみくのアドバイスを受け、いざ当日。しかし、今回から普通のクイズ番組ではなくなって・・・。


感想
 なんか今回、かな子がやせたりふとったりと安定してなかったような・・・。
ちえりんはかわいい。
もっとも意外だったのは、
「スカイツリーのてっぺんから落としたリンゴの落下スピードを求めなさい」
という問題に一瞬で杏がこたえられたこと!

あれ?もしかして杏って、天才なのでは・・・。
私服ファッションはアレだけど^^;


ライバルチームで幸子と小早川さんと野球好きな人(名前知らない)が出たのが意外w
制服の小早川さんかわいい!!
幸子はおいしいところもっていくww

Go!プリンセスプリキュア 第6話

第6話 「レッスンスタート!めざせグランプリンセス!」

 ついにプリキュアが3人そろったということで、パフとアロマは3人に「グランプリンセス」を目指すように言い、シャムールという先生を呼び出し、まずは紅茶の入れ方のレッスン。
 それがおわったところで、カナタ王子からの通信があり、
「残り9つのドレスアップキーを探す」
「グランプリンセスになって、12のキーでディスダークをたおしてほしい」
とお願いされる。
 そしてまたもやゼツボーグが現れるが、プリキュア3人の連携とキュアフローラの活躍でゼツボーグを浄化。
 気持ちを新たにがんばろうとする3人であった。


感想
 あれ?先週あれだけ忙しそうだったきららさん、今日はひま?
いや、たまたま今日はオフだったに違いない!

 アフタヌーンティーときいて、パフがいつ
「ティータイムは大事にしないとネー!?」
って言うかと思ったw(中の人的に)

 生徒会長や人気モデルと一緒にいたら、おつきの子にみえちゃうな、はるかw
なんかのぞみも最初そういう感じだったような・・・。

 カナタ王子は王国にのこってるからなかなか会えないしプリキュアのために活躍できない・・・っていうのはいいね!去年は一緒にいるのにまったく活躍しない神様だったしw

アイドルマスター シンデレラガールズ 第8話

第8話

 ある初夏の日、未央の提案とPの采配で、ひとり1個私物を持ち込んでOKとなる。
その直後、部長とちひろがやってきて、神崎蘭子のソロデビューが決まる。
蘭子の曲調はゴシック調で、PVはホラーっぽくとPが言ったとたん、蘭子の様子がおかしくなる。
実は蘭子はホラーは苦手なのだが、それをしらないPは、ホラーとゴシックの違いがわからずに
「違いがわかりません」
と言ってしまい・・・。

感想
今回、蘭子Pにはたまらないだろうっていう話しだけど、ごめん、あの口調、なに言ってるかさっぱりわからない^^;
でも一番子供で柔軟なみりあだけは言葉がわかってたのがすごいw

一個だけ私物持込OKで「なにもってきてもいいの!?」って聞いた杏をみて
「あ、ベッドもってくるつもりだ・・・」
とおもったw

 蘭子語録をまとめたり、このP、変にまじめすぎるw
あと、いちいち丁寧語をいいなおすPがかわいいw
というか未央とか凛とかあなたたちも少しは敬語を使え。職場なんだしw

Go!プリンセスプリキュア 第5話

第5話「3人でGO!私たちプリンセスプリキュア!」

 モデルの仕事があるからプリキュアにはならないと天ノ川きららに断られたが、諦めきれない春乃はるか。
きららに「そこまでいうなら、あたしがどれだけ忙しいかきてみる?」と言われ、はるかはついていくことにする。
 ついていくと、確かにきららは多忙だった、それを認めて、はるかは今後、きららを無理に誘わないで、普通に友達になろうとする。
 が、ある日、ゼツボーグがあらわれ、はるかと海藤みなみはプリンセスプリキュアに変身するが苦戦する。
 そこに、きららがはしってきて変身、ついに3人のプリキュアがきちんとそろう!
戦いのあと、はるかは「いいの?」と思うが
「100%の力を200%やればいいだけ」
とカラっとこたえ、そして3人とも名前とあだなでよびあう仲になるのだった。


感想
 きららよりもラストの
「じゃあ・・・海藤さんを、みなみさんってよんでもいいですか?」
「・・・わたしも、はるかってよんでいいかしら」
みたいな展開のふたりに萌えたww
このふたりかわいすぎるww