Go!プリンセスプリキュア 第25話

第25話

 夏休みにはいり、みなみ、きらら、トワははるかの家にお邪魔することになった。
はるかの家の和菓子屋で手伝いをするはるかと3人。
 昼下がりの休憩中、トワは夢のなかで、いまだにディスピアにおわれる悪夢をみる。
目が覚めた時にみなみがうちわでトワをあおいでくれて、「なにかつらいことがあれば聞く」といわれ、ディストピア時代に戻ってしまうのがこわいと話す・・・。
 夜になり、みんなで花火をすることになるが、そのときたまたま川をボートで下っていた(さぼっていた)シャットがトワを発見。逆恨みしてトワたちにおそいかかる!



感想
 関東(というか埼玉県民の発想からすると)、はるはるの実家は川越だー!
小江戸っぽいし間違いない!
 みなみん、普通高級メロンを20個以上(推定)もスーツケースにいれるか?
痛まないのかそれww
 さらに2つ目のスーツケースには花火がぎっしり・・・!
(のこる3つ目はなんだったんだろう、中身)
 はるはるの家、庭に池もあるし、流しそうめんができる庭もあるし、老舗の和菓子屋だしけっこう裕福?ピンクプリキュアとしてはめずらしくない?
(と思ったけど、アパート・マンション暮らしだったピンク系はキュアブラック、キュアドリーム、キュアラブリーくらいで、むしろアパマンのほうが少なかった・・・)

 去年ハピネスチャージに「あんみつこまち」ってフォーチュン用衣装があったけど、別にあれキュアフォーチュンがあんみつ好きとかいう設定はなかったな。
 昔のせっちゃんもそうだったけど、悪から正義にかわったキャラは過去とむきあう話がおおいな。
エレンも最初の頃そういう展開だったな・・・。

 前回がきららとトワとの交流、今回がみなみとトワの交流で、次回は珍獣たちとの交流か!

アイドルマスター シンデレラガールズ 第15話(第2期 2話)

第15話

 突如やってきた新しい常務によってアイドルプロジェクトはすべて白紙となり、シンデレラガールズは地下室においやられた。
 納得いかないプロデューサーは常務に抗議するが「ならば代案をだせ」と言われる。
しかしそんななかでもこれまでとった仕事はこなさなければならず・・・。
 そんななか、高垣楓は常務に選ばれ、新しい大きな仕事の話がまいこむが、かわりに小さい仕事などやらなくていいと言われ、楓は常務の話を断る。
 後日、ニュージェネレーションズは楓と同じステージの仕事がはいり、未央や凜は疲れ顔のPのかわりに企画書をかこうとするが、卯月には今後の企画が思い浮かばなかった・・・。



感想
 楓さん無双ですな、今回。
小さい仕事を捨てようとする常務に961プロを思い出した。
 卯月の今後の展望がないっていうのは、もしかしたら卯月が挫折するフラグになるんじゃ・・・。

Go!プリンセスプリキュア 第24話

第24話


 夏休み前だけど、トワが紅城トワとしてノーブル学園に転入することになった。
ルームメイトはきららでクラスも一緒である。
 が、お姫様育ちのトワは着替えもひとりでできず、自己紹介ではつい「この世界」とかホープキングダムとかいってしまい、寮の食事も自分ではとりにいかない始末。
 フォローするきららはつかれてしまうが、そんなとき、仕事のあい間に、「あなたを新しい雑誌のモデルで使いたい」と言われて余計はりきる。
 だがロックは、そんな編集者の夢をとじこめてゼツボーグにしてしまい・・・!


感想
 トワさんやっぱり異世界とのギャップでポンコツ化・・・。

いままでトワイライト時代はディストピア・プリンセスだったわけだけど、そのころもやっぱりお世話役がいたんだろうか・・・。


あしたは海の日。キュアマーメイドの誕生日らしい。おめでとう、マーメイド!!

アイドルマスター シンデレラガールズ 第14話(第2期 1話)

第14話

 あのライブからひと月がすぎ、みんなもちょこちょこと仕事がはいるようになってきた。
そんなある日、346プロに女性の常務が就任してくる。
 さらに、プロデューサーのまわりで、視線や気配をかんじるようになり、シンデレラガールズは幽霊かストーカーがプロデューサーをねらってるんじゃないかとかんがえる。
 じつは、その正体は先輩アイドル佐久間まゆで・・・。

 
感想
 北条さんと神谷さんが再登場して凜ちゃんと会う。
このふたりが今後も凛ちゃんとからんでいくのかー。
 ヤンデレさんなんだかこええーww

そして女性常務の発言が・・・!
次回、どうなる!?シンデレラガールズ!

Go!プリンセスプリキュア 第23話

第23話


 はるかたちはトワに笑顔になってもらおうと彼女を町に連れ出す。
が、トワはコレまでの罪の意識と
「王国と兄をとりもどすまで、自分は笑顔になってはいけない」
という気持ちからひとりとびだしてしまう。
 公園で落ち込むトワに声をかけたのは、絵本作家で学園長の望月先生だった。
先生の言葉にはげまされるトワだが、そこにロックが現れ、望月先生をゼツボーグにしてしまう!
「あ~あ、トワイライトにかかわったから、この人が不幸になっちゃった 」
とロックに言われショックなトワだが、キュアスカーレットに変身。
だが、ロックの言葉にうちのめされるキュアスカーレット。
そこに3人のプリキュアがおいついてキュアスカーレットを許し、4人で戦うとちかう。


感想
 OPのナレーションが「4人」になったけど映像はかわらず・・・。
あとトワイライト、せっちゃん(フレッシュプリキュア)と比べると登場期間が少ないし、自ら人々を絶望させたこともほとんどないからなあ・・・。
 あと、トワさん、お金がないのに、交通ルールの本はどうやって入手した?(ぇ

Go!プリンセスプリキュア 第22話

第22話

(前回の続き) 気を失ったトワを女子寮につれかえったはるかたち。
トワは、兄をうしなったこと、そして自分が悪に手をそめていたことからの罪悪感で目がさめ、外にでると、岡の上ではるかがバイオリンの練習をしてるのをみかける。
トワに気付いたはるかは彼女に、カナタのバイオリンをかえそうとするが、トワは拒否をする。
 そこに、ディスピアが現れ、トワを絶望の檻にとじこめてしまう。
はるかのもとにやってきたみなみ、きららとともに変身し、ディスピアに向かうがさすがにディスピアは強い。だがキュアフローラは、トワをとりもどすために立ち上がり、マーメイド、トゥインクルの協力もあって、絶望の檻に入る事に成功し、バイオリンの演奏でトワの心もとけていく。
そしてトワは、罪を償うために、そしていつか兄にあうためにパフュームを手にすると、パフュームが元の姿にもどり、キュアスカーレットに変身する!

「真紅の炎のプリンセス、キュアスカーレット!」
「さあ、お覚悟をきめなさい!」

 といいながらディスピアに善戦するキュアスカーレット。
その必殺技に、ディスピアはいったん退くのだった。



感想
 よかった!
正直インパクトはイースほどはないけど(悪からプリキュアになったの歴代3人目だし)、罪を罪として持ちながらそれでもこれからは戦うのは、赤い色もあって仮面ライダーZXみたいだな、と(古。

 次回からはまた異世界の人間ということで、セイレーンみたいにまた人間社会となじめない天然少女になるのか・・・?