Go!プリンセスプリキュア 第50話(最終回

第50話(最終回)


感想
 ひさしぶりに、泣いたプリキュアでした・・・。
スタッフのみなさん、キャストの皆さん、感動をありがとうございました!!

Go!プリンセスプリキュア 第49話

第49話

 ディスピアはクローズをとりこみ、完全体になる。
臆せずむかっていくプリキュアだが、世界を絶望でみたされ、変身がとけてしまう。
だが、まだゆいたちの心には「希望」がのこっていた。
その心の光がはるかたちにふりそそぎ、いま、再び4人は変身!
プリキュアはグランプリンセスに覚醒する!


感想
 やっぱりゆいちゃんは変身しないけど一緒にたたかう、「仮面ライダー」(初代)で言うところの「滝和也」ポジションだわ!
 これで来週、普通にディスピアをたおすのか、それともスイートみたいに救うのか。
もう最終回だなんてさびしい。
個人的にはスマイル以来のヒットだったな、プリプリ。

Go!プリンセスプリキュア 第48話

第48話

 ノーブル学園を占拠するディスピア。
はるかたちは意を決し、みんなの前でプリキュアに変身してクローズたちに立ち向かう。
そんななか、クローズがプリキュアに立ち向かわせたのは、あのロック(本体)だった。
 一方、ゆいはみんなに、彼女たちがいままで自分たちを守っていてくれたことを告白する。
だがクローズの策略で、みんなは檻にとじこめられてしまう。
ゆいも檻にとじこめられるが、なんと自力で脱出!
みんなを説得して絶望の檻をうちこわしていく!



感想
 今回はゆいちゃんがかっこよかった。
あくまで視聴者代表みたいな立ち位置にいるゆいちゃんが、
「夢は自力でかなえるもの、絶望なんてしていられない!」
と檻をうちやぶったりと、伏線をうまく昇華してる!

 さらにシャットがプリキュアに影響されて改心ではないけれど、ディスピアという「親」から自立しようとするのもあつかった!

 プリンセスプリキュアはすごく大事なことを教えてくれる作品だなあ・・・;;
・・・というかなんで1時間前の作品ではそれができないのか・・・。
脚本家が悪いのか。

Go!プリンセスプリキュア 第47話

第47話

 カナタ王子から連絡がはいり、ホープキングダムの花の城で異変を感じたときき、ホープキングダムにいくはるか達。
 そこではるかは青い鳥にさそわれ、花の城の中にはいっていく。
そこではるかは「花のプリンセス」として歓迎される。
しかしそれはディスピアのワナであった・・・。
ディスピアは残されたみなみたちに
「キュアフローラはこの城の中で花のプリンセスとして望んだすがたになれた。
ここからでられることはない」
という。
 だがはるかは、この世界が「自分が望んだプリンセスの世界」とは違うと見抜き、青い鳥にばけていたクローズと戦いになる。
 クローズはフローラに「おまえの夢はおわりのない幻だ」と責めるが、フローラは「終わりがない、それでいい」と断固いいはなち、メツボーグをたおし、花の城を復活させる。

だが、ディスピアはまだあきらめていなかった・・・。



感想
 そろそろまとめにはいってきたなあ。
はるかたち、シャムール先生からみとめられたし。

 ディスピア、絶望におちたかつての「花のプリンセス」なんじゃないだろうか。
花の城自体はわりときれいだったし。


次の「魔法つかいプリキュア!」の宣伝もはじまりましたねえ。