忍風戦隊ハリケンジャー・1巻

 いまさらながら、「忍風戦隊ハリケンジャー」のDVD1巻。ハリケンジャーは最近の戦隊の中で一番好きだし、そろそろ忘れてかけてきたので思い切って買いました。

ちなみに追記に書くDVDの感想は、放送当時の感想です。(ちょっとだけ再編集アリ)


巻之一「風とニンジャ」
 疾風流(はやてりゅう)・忍の里では今日も忍の修行が続く。しかし宇宙からの侵略者「宇宙忍軍ジャカンジャ」が現れ、忍者学校は壊滅。忍者学校館長はハムスターに変化するが、敵幹部フラビージョにつかまってしまう。そこにたまたまサボっていたために生き延びた3人(ようすけ、ななみ、こうた)を、館長の娘のおぼろがハリケンジャーにしたてあげ、3人の活躍が始まる。
 レッド「風が鳴き、空が怒る!空忍、ハリケンレッド!」
 ブルー「水が舞い、波が踊る!水忍、ハリケンブルー!」
 イエロー「大地が震え、花が歌う!陸忍(おかにん)、あ、ハリケンイエロー!」
 レッド「人も知らず」
 ブルー「世も知らず」
 イエロー「影となりてぇ悪を討つ!」
 レッド「忍風戦隊」
 3人「ハリケンジャー!」
 レッド「あ、参上!」
感・おもしろい!3人の名乗りも、マスクが開くのもいい!敵のフラビージョもキュート!

巻之二「巨人とカラクリ」
 ハリケンジャー3人はフラビージョの手からハム館長を救出。それから1週間後。3人は町に下りて働くことになり、レッドは何でも屋、イエローは介護士、そしてブルーは演歌歌手としてデビュー。
 そこに又もジャカンジャの魔の手。何とか倒すものの敵が巨大化。しかし、ハリケンジャーも巨大ロボ・旋風神で見事敵を倒すのだった。
感・いい!前回は傘を差しての登場だったが今回は桃太郎侍みたいにヴェールをしての名乗り。
 敵の巨大化がマグマ大使、レッドの飛行機(ハリケンホーク)は科学忍法火の鳥、そしてカラクリボールはガシャポンだよ、おい!いいわ~!次回はぜひ笛吹童子でお願い!
 それにしても、ジャンボジェットがハリケンホークに、豪華客船がハリケンドルフィンに、後楽園ゆうえんちの観覧車がハリケンレオンに変身するのは無理あるだろう!?・・・というかジャンボジェット、ハリケンホークに変身すると、1人乗りの戦闘機ほどの大きさに縮んでますよね?おもしろいけど^^;

巻之三「ニセモノと60秒」
 人々が突然別人のようになる事件発生。これも敵の陰謀かと思ったおぼろさんの指令で、怪しげなTV局に潜入するが、演歌歌手ではなくアイドルにあこがれるブルーまでもが敵の罠にかかり…。
感・旋風神が旋風神ハリアーに変身。…ってどういう理屈や?ま、いいか。面白いから。

巻之四「トンネルと兄妹」
 モグラ怪人と交戦中のハリケンジャー3人。しかしイエローの慎重さが裏目となり逃げられてしまう。その直後、妹に会いに行くイエロー。妹は外国に行きたいといい…。
 戦いでは今回はもぐらたたきを披露。
感・新カラクリ武器登場。トンカチなり。

 本編は第1話から第4話まで収録されていて、基本設定のエピソードがそろっているので満足。(・・・本当は、ライバルのゴウライジャーが本格的に参入してからがさらに面白いんだけどね・・・)
 映像特典として、バトルコレクションというのがあって、変身や名乗りやそれぞれの技などが編集されているのですが、その中で「名乗り-羽衣」というのがあってわかったのですが、あの放り投げる布の名前、「羽衣」でいいんだ・・・。今まで人に言うときに、布とか風呂敷とかヴェールとかで説明してたわ^^;
 ハリケンジャーは、最近の作品よりもレッドがバカじゃないのですきなのですよ。最近のレッドは、人の話をきかないし、突っ込むだけで能がなさすぎ。まあ、こういう作品カラーは、メイン脚本家にもよるのかもしれません・・・。