仮面ライダーをつくった男たち

 KCDX「仮面ライダーをつくった男たち」をいまさらながら購入。これが掲載されたマガジン、処分してしまったので・・・。

 これは初代「仮面ライダー」の番組ができるまでと、そして大ヒットになるまでのサクセスストーリーコミックスです。
 なんとなく美談にまとめているような気もしなくもないけれど、平山プロデューサーの想いはつたわるし、大野剣友会の皆さんが、どんな困難にも負けず、気合と根性で「仮面ライダー」の殺陣をつくりあげたのかがわかります。

 だからさあ・・・「仮面ライダー」なんだから、バイクに乗れないとダメなんだよ、主役はさあ!(仮面ライダー2号の佐々木剛さんは、最初乗れなかったが、演じてる途中で2輪免許取りに行ったそうな)
 それと、敵には体当たりで向かっていって、ぎりぎりまで人間の姿でがんばって、ぎりぎりまで人間としてふんばって、どうにもこうにもどうにもならないそんな時(それはウルトラマンガイアだ^^;)、やっと仮面ライダーに変身するんであってさあ・・・。敵を見つけたからってすぐ変身すんな><
 どうも最近の仮面ライダーは、命がけらしさが足りない・・・。アクションが綺麗過ぎるのが、そう見える原因なのかしら・・・。