Yes!プリキュア5GoGo!第34話

Yes!プリキュア5GoGo!
第34話「涙のお別れ!クレープの告白」

 クレープ王女は、母国に帰る前にココの働く姿を見ようとついていくことに。そこで、ココとのぞみが仲良いのをみてうすうす何かを感じ取る。
 そんなクレープにナッツは
「ココに気持ちを伝えるなら、国とか立場ではなく、自分の本当に素直な気持ちを言うべきだ」
という。
そこに現れるバナナマン似のエターナル。クレープ王女とシロップをとらえ、ローズパクトを手にするが、プリキュアが阻止。
無事王女とローズパクトをとりもどす。
 そして王女はココに告白。ココには振られてしまうが、これからは王と王女という立場で仲良くしようといい、のぞみにココをまかせ去っていくのだった・・・。

感想
 クレープ王女、今回の話でくるみ(ミルク)よりも大人だと思った。まあ、王女という立場上、国民みんなのために大人にならなければならない部分もあるのでしょうが。
たとえばココ先生が女生徒に囲まれてもクレープは
「人望があるのはさすがだクク」
とかいうし、のぞみとココの絆の強さを察して、きちんと振られてそれを受け止め、さらにこれからは王と王女という立場で仲良くしようだなんて。(ここはちょっと強がりっぽくもあるけど)
 ミルクならきっと女子生徒に囲まれたら面白くないとか、女子生徒を追い払うとかすると思うんですよ。あのこ、身分違いとわかっていても独占欲強いし。それにいまだにのぞみのことを認めたくなさそうだし・・・。


 しまった。クレープ王女と比較する対象がミルクしかいない・・・。しかもミルク完敗・・・。
のぞみには最初からかなわないしな・・・。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎Yes!プリキュア5GoGo!第34話『涙のお別れ!クレープの告白』

ココ田先生が登校してると、ノゾミとクルミが挨拶する。すると、なかからクレープ皇女でてくる。クレープ皇女は体力回復してた。そして、帰る前にココの仕事っぷりをみていくことに。シロップが、クレープ探してあわててやってくる。イソギーンヤドカーンはどこにいくか考...