FC2ブログ

空のまんなか・3巻

昨日、本棚を整理していたら、香村陽子先生の「空のまんなか」1・2巻が出てきて、懐かしく読みました。
 これは3~4年くらいまえに「りぼん」で連載されていた少女マンガで、当時小額低学年だった姪のために、「なかよし」と「りぼん」を買ってやってたので一緒に読んでたんですよ。それでこの作品は、私が気に入って1~2巻を買ったんだけど、姪が途中から「なかよし」派になったので、続きを買いませんでした。

 おおまかにいうと、5人兄弟の真ん中(3番目)で普通っぽい主人公「京(みやこ)」が、目立つ4人の姉、兄、妹、弟にふりまわされながらも、家族が多いっていいな、と再確認するお話。そこに、5兄弟にあこがれる京の想い人(彼はこの兄弟の長女が好き)がからんできて、毎日大変・・・・というものでした。

 で、最終巻が出ていることを知り、久しぶりにりぼんの単行本を買ってしまいましたわ^^;
 やっぱりこういう家族モノはいいわ~。