スーパーヒーロータイム!

炎神戦隊ゴーオンジャー
「正義カイサン」
 先週、敵のボス・ヨゴシマクリタインの「正義カイサン」によって消されてしまったゴーオンブラックとグリーン。それをみたブルーとイエローは戦意を喪失してしまい、レッドはひとりで怒りまくり、彼をおちつかせようとするゴールドとシルバーにも耳を貸さない。
 最強バンキ獣との戦闘中もゴーオンレッドは彼らの言葉を聞かないし、心配したシルバーの手も払いのける・・・。(ブルーとイエローはまるっきり戦闘意欲なし)
 レッドがガキっぽすぎる!あげくに最後、こいつがひとりで突っ走ったせいで、シルバーとゴールドも、みんなをかばって消されてしまうし・・・。その消えてしまう技を浴びたゴールドはボンパーに「正義カイサン」の技の解析を指示するけれど、 こういう指示って普通リーダーであるレッドがやるものなんじゃないの?アカレンジャーの爪の垢でも煎じて飲ませたいわ、本当に!
ふむ。こういうこと書くと又反感買いそうだ。ゴーオン嫌いっていう人あまり聞かないし・・・。(ウチのサークルには多分いるけど^^;)


仮面ライダーディケイド
第1話「ライダー大戦」
 世界が終わりを告げる・・・ある日、「日常」が「非日常」に変わった。融合しようとするライダー世界。それを防ぐには、ディケイドが立ち上がり、9つの世界を旅して、「仮面ライダー」の能力を手にするしかない!
 
 期待しないでみてみたら・・・おもしろいやん!コレ!もう最初から「平成ライダー総登場のお祭り」とわかりきってるし、相川昇脚本だから、井上敏樹脚本にありがちな難しい上にどうでもいい余分な話もないし。
 それに、第1話でちゃんとやるべきことを提示するのも、ロクに説明をせずにグダグダになりがちな平成ライダーには珍しいです。

 かくいう私もサークルの会長と共作で、クウガ放送前に、似たような話を書いてました^^;