侍戦隊シンケンジャー・第三幕ミニ感想

侍戦隊シンケンジャー
第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」

 いまひとつやる気のないシンケングリーン千明。彼は訓練をさぼり学生時代の友人と遊んでいた。そこに外道衆・ロクロネリが現れる。千明は「俺一人でたおしてやる」といきまいて変身するが、練習をさぼっている彼が一人で勝てる相手ではなく、友人にケガを負わせてしまう。そこに皆が駆けつけ、事なきを得るが、丈瑠は千明を責め、
「俺たちが人となるべく会わないのは、家族や友達を危険にさらさないためだ」
と指摘、さらに
「今晩中にヤツの攻撃に対する対策を考えろ。できなければショドウフォンを返してもらう」
とまで言われた千明は家を飛び出し、夜の公園で一人特訓を始める・・・。
 翌日、一人で戦うことを決意した千明は、シンケングリーンに変身してロクロネリに向かっていく。ヤツが腕を伸ばした途端、走り出す!走り、グルグル一周し、シンケンレッドの助けもあって、ヤツの背後に回りこむことに成功し、腕を戻せなくなったロクロネリを倒すことに成功する!
 巨大化した敵も、自分が倒すといいはるグリーンだったが、レッドが黙ってシンケンオーに合体させ、今度はレッドの戦法、見切りの技で、見事ロクロネリを葬るのだった。
 戦いの後。千明は
『結局、丈瑠に助けられていたし、アレの作戦が一か八かだったのに対して、ヤツは完全に敵の技を見切っていた・・・オレはまだまだだった』
 と反省し、一応丈瑠を「殿」と認め、さらに彼をいつか追い抜こうと決意するのだった・・・!

感想
 おお~~!!いいねいいね、こういう展開。反省こそ成長の第一歩だし、こういうの好きだぜ!!去年、おととしに足りなかったのはこれだよ!!
反省し、相手を認め、成長・・・これが最近の戦隊にはあまりなかった!!
 レッドもぶっきらぼうだけど、最近のライダーにありがちな、たんなるイヤミなヤツではなく、色々考えていて、冷静に正論を指摘しているだけですし。
 まあ今日の場合、どうかんがえても千明が悪いですけどね^^;一番普通の若者っぽいし、丈瑠の態度にイラっとくるのも仕方ないか。むしろブルーの「殿バンザイ!」が異常なほどであって^^;


 そういえば、「仮面ライダーディケイド」で、龍騎役だったのって「Cafe吉祥寺で」のチャライ男役だった水谷百輔だったのねー。今回は一応メインゲストで(元)主人公ライダーの役だし、いいなー。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎侍戦隊シンケンジャー第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」

うでののびるアヤカシとグリーンが対決するという話だった。最初は、負けるけど。二回目は、修行してグリーンが勝つという内容だった。巨大化してからの戦いでは、レッドが完全に手ののびる攻撃を見極めて倒したためグリーンがレッドを認めるというような話だった。でも、...

侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕対峙腕比」

侍戦隊シンケンジャーの第3話を見ました。第三幕 腕対峙腕比『侍達の生活は規則正しく厳しいものです。常に稽古をし、自分を鍛えなければなりません』寝坊して黒子の皆さんに運ばれ、着替えさせられる千明。「起きろ。稽古はとっくに始まってんだぞ」「だってさ…昨夜も...

シンケンジャー おもちゃ

オックスキャラクター生地【侍戦隊シンケンジャー】入園入学にオススメ☆商品価格:126円レビュー平均:5.0 侍戦隊シンケンジャー・第三幕ミニ感想侍戦隊シンケンジャー 第三幕「腕退治腕比(うでたいじうでくらべ)」 いまひとつやる気のないシンケングリーン千明。彼は