FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー第二十四幕ぷち感想

侍戦隊シンケンジャー
第二十四幕「真侍合体(しんさむらいがったい)」

 丈瑠は不破に連れ去られ、流ノ介たちは屋敷になんとか戻って、看病されることに。そんな中、源太は和尚とジイから印籠を手渡され、完成させるように頼まれ、寝る間も惜しんで電子モヂカラの力を印籠に注ぎ込む!
 そのころとある洞窟で目覚めた丈瑠は、不破の過去を聞く・・・。

感想
 不破の生き様は、わからなくもないが、自分の快楽のために人斬りはおろか妖怪になってしまうのは、逸脱してるなあ・・・。
 印籠をもって宣言する役はぜひ伊吹さんにやってほしかったw
その印籠で、陣羽織を身にまとい、シンケンレッドがスーパーシンケンレッドにパワーアップ!・・・まあ、ディスクを無理やり体中に着けて装甲状態になった「響鬼」よりはまだゆるせるな。
高橋元太郎さん、もうちょっと出番あってもよかったんじゃない・・・?