ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

 今日の夕方から、テレビ東京で「ウルトラギャラクシー・大怪獣バトル」が始まったので、第1話をみてみました・・・。

 テレスドンやサドラより、小西博之さんの方が恐いとおもった・・・。

 ん~・・・昔のゴモラとは戦いかたが全然違ってて、なんだかな~。ツノから光線みたいなのを出しちゃ、ハヌマーン版や「ウルトラマン80」のころのゴモラのようだ・・・。
 もしかしたら、地球産ゴモラではないのかもしれないし、育った環境によって技も若干かわるのかも・・・と思えば・・・許せ・・・るか・・・?

 ウルトラQのゴメス対リトラのような怪獣同士の対決としての重みもないし、ウルトラファイトのようなおふざけもないし、怪獣の戦闘が、ただの人間同士のケンカのように見えました。
そりゃ、中には人が入っていますけど、テレスドンもサドラもレッドキングもみんながあまり変わらない動きなんだもの><
もうちょっと原作寄りの特色を持たせろといいたい・・・。

 テレスドンって、最初(初代ウルトラマン時)は地底人に操られて、夜の街に出没したけど、あれは地底人が昼間が苦手だから夜に出されただけで、テレスドン自体は日中も平気なのかもな~・・・。ジェロニモンに復活させられたときには日中だったし。