仮面ライダーW・第6話

仮面ライダーW
第6話「少女・・・・・・A/嘘の代償」


 仮面ライダーWを「パパ」と呼ぶ少女。それは彼女の父親が亡くなったときに、母親がついた優しいウソが言わせたセリフだった・・・。
 そんなウソはいけないと思いつつ、少女の気持ちを考慮すると、つい言い出せないハーフボイルドな翔太郎であった。

感想
 いつかはばれるかもしれないけれど、わざわざ自分から言うこともない・・・とする翔太郎とフィリップが良かった。フィリップが偶然、その父親の記録を読んでいて、さりげなく少女の頭をなでてやったりとちゃんと子供の心を守るヒーロー(というかパパ)していて良い。
 今回スリッパの出番がなくて、母上も満足してました^^;
 そういえば今回、金青の「ルナトリガー」と赤青の「ヒートトリガー」、初登場やん。
赤青のカラーリングはやっぱりいいなー^^
 でももう「ルナメモリ」さえあれば全部OKな気がするお^^;
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仮面ライダーW 第06話「少女…A/嘘の代償」

楠原母娘エピソード後編でしたが… んと~、個人的には若干決着の仕方にモヤット感が残ってしまったかなぁ…。