仮面ライダーW・第12話

仮面ライダーW
第12話「復讐のV/怨念獣」

 前回、ドーパントの車を破壊したダブルだが、まだドーパントは生きていてチンピラが殺された。真犯人は、発端となったひき逃げの被害者の婚約者かと彼の絵画教室を訪問する翔太郎だが、ドーパントが婚約者を襲おうとしているところを目撃する。
フィリップは、もしかしたらと病院にいくと、こん睡状態の被害者の腕にガイアメモリ挿入口が・・・。
 実はもともと彼女は、婚約者が実は結婚詐欺師だということをしり、その復讐のためにガイアメモリを買った。その晩たまたまひき逃げにあった瞬間、ガイアメモリを腕にさし、復讐心がドーパントのすがたになったのだという・・・。
 
感想
 意外な展開というか、途中
「これ、昼メロ?」
と思った。婚約詐欺師が若い女をくいものにするとかさ-。
 あの男は最後殴られてもしかたないですなー。
 ところで、チンピラ殺しの真犯人はどうなったんでしょうか。やっぱりあの女性と弟が回復したら自首するのか・・・?