侍戦隊シンケンジャー第四十一幕

侍戦隊シンケンジャー
第四十一幕「贈言葉(おくることば)」

 殿の心配をする一同。そんななか、ことはは、自分が病弱な姉の代わりでシンケンイエローになったから、足を引っ張っているのでは?姉だったらもっと茉子も相談してくれるのでは?と思う。
 そんななか、ことはに姉からの手紙が届く。

感想
 読む気持ちによっても、手紙の内容は違って見える。そんな内容。
全合体でいても機能しない猿折神を単独で活用させたりしてがんばった。
スーパーシンケンイエローになったの2回目か。