侍戦隊シンケンジャー・第四十二幕

侍戦隊シンケンジャー
第四十二幕「二百年野望(にひゃくねんのやぼう)」

 アクマロの真の目的、それは、関東から日本海側まで、日本を寸断するように一直線にクサビをうちこみ、「地獄」をこの世に出すことであった。
 そしてそれには人でもなく、外道でもない存在・不破が必要だという・・・。

感想
 今回、シンケンオー、兜折神、カジキ折神、虎折神~テンクウシンケンオーから更にダイカイシンケンオーまで出したのは、クリスマス前の最後のアピールなのかしら?カブトとカジキとトラの単独登場ってすごく久しぶりなんじゃ?

 なんかクサビが打ち込まれて東京が転覆するというシーンでサクラ大戦を思い出しました^^;
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

侍戦隊シンケンジャー 第四十二幕「二百年野望」

侍戦隊シンケンジャーの第42話を見ました。第四十二幕 二百年野望アクマロが一度現れた場所に再び外道衆が現れたことが気になった彦馬はアクマロにとって人々を襲う“方法”ではなく“場所”が重要なのではないかと考える。そこで、アクマロだけが絡んでいたと思われる場...