侍戦隊シンケンジャー第四十三幕

侍戦隊シンケンジャー
第四十三幕「最後一太刀(さいごのひとたち)」

 先週の爆風で倒れたシンケンジャーと不破たち。重症の不破を、いまなら倒せると思った源太だが、けが人を切れないと見逃してしまう。
 そして再びあったときに、アクマロのもとには行くなと懇願する現太。だが不破はアクマロの元に行き、裏正を手にした瞬間に、アクマロさえ手にかけるのだった・・・。

感想
 アクマロよりも不破のほうがよっぽど外道だと思った^^;
それにしても次回、シンケンレッドがもうひとり!?しかも女性!!