FC2ブログ

侍戦隊シンケンジャー・第四十五幕

侍戦隊シンケンジャー
第四十五幕「影武者(かげむしゃ)」

 丈瑠は、じつは先代シンケンジャーたちの用意した次の当主の影武者だった。
それをしって唖然とする一行。しかも「姫」のジイヤは、侍ではない源太を追い出そうとし、さらに姫の黒子は、丈瑠からインロウマル・秘伝ディスクまで取り上げる。
 侍でも「殿」でもなくなった丈瑠。他の4人は納得いかないが、丈瑠は「姫を守ってくれ」と言い残し屋敷を去る・・・。
 そこにナナシ連中が現れる。やむをえず姫と同行する4人。変身し、戦うシンケンレッド姫。だが、4人の胸中には違和感ばかりが残るのだった・・・。

感想
 うわ~。。。重いなー。今回。
まあ、4人からしたら、いきなり上司が代わったようなものだし、納得いかないよなー。ましてやいま姫が使っている装備は、すべて「殿」と5人が命がけで手に入れたわけで。そんな苦労をしなかった人がいきなりその装備を使うのは面白くないし。
 でも、姫は姫で自分の役割をこなしてるだけなので悪くない。それと「家臣」からしたら上司に仕えるのは当然。
小林靖子さん、戦隊でも容赦ないなー。だがそこがいい。
 でも、「殿」という立場でなくても、一介の侍としてのシンケンジャーとして戦えばいいじゃん、ゴールドだって侍出身じゃないんだし。と思うのはダメか・・・?