仮面ライダーW・第28話

仮面ライダーW
第28話「Dが見ていた/決死のツインマキシマム」

 照井を救おうと、メモリ二つの力を使い、暴走しながらもウェザーに向かって必殺技を放つダブル(ヒートトリガー)。だがウェザーにはきかずに、暴走したダブルは変身が解けて翔太郎は倒れてしまう。
それを照井は、倒れたのは自業自得だといい、さらに「バカが」とはき捨てる。
その言葉に激しく怒るフィリップ。
 ガレージの奥で看病する亜樹子と、言い争いをするフィリップと照井。
「キミにとって、仮面ライダーとはなんなんだ!?」
 だが、復讐のことしか頭にない照井は聴く耳を持たず、フィリップを殴って出て行く・・・。

感想
 ちょっと、翔太郎をバカ呼ばわりした照井にムッとしました。いくら因縁の相手がいて復讐したいとは言っても、ひどい。
 そういえば、結局リリィ(元ハリケンブルー)はドーパントに変身しなかったな~。
 アクセルの力でリリィを斬って一度仮死状態(ですよね、アレ)にし、メモリを排除する・・・。メモリが抜けた瞬間に電気ショックで心臓を再起動させる・・・て、斬ったらやばいんじゃ><(メモリブレイクの応用だろうけど)

 そういえば、次回予告に出ていた女性って、実写版「魔法先生ネギま!」に出ていた長谷川千雨の役の人なんですねー、たしか。(実は「楊さんのネギま!部屋」を見て知りました^^;)
 ・・・昔より可愛くなってるような。というかメインヒロインである亜樹子より可愛いような^^;