スイートプリキュア♪ #2

スイートプリキュア♪
第2話「ガガ~ン!早くもプリキュア解散の危機ニャ!」

 プリキュアに変身したものの、心がバラバラでうまく戦えない2人。しまいには変身が解けてしまう。相手するまでもないと思ったセイレーンたちはいったん退却する。
 大聖堂でハミィは2人に不仲の理由を聞こうとするが、奏はさびしそうにさっていく。
そして、残された響は言う。
中学校の初日、響はサクラの木の下で奏を待っていたが、奏は現れずに他の友達と登校していたのを目撃する。
 そして響の下校時、桜の木の下で、かつての自分と同じ状況になった少女がいた。
響は「サクラの木ってここだよね」というが、そこに現れた奏が、少女と響を、裏門のほうに連れて行くと、少女の友達は待っていた。
 実はあの日、奏はずっと、この裏側の桜の下で待っていたが、響がこなかったため、しかたなく他の友達と登校したのだという・・・。
 誤解がとけたところに、ふたたびセイレーンたちが現れる!
が、今こそ心をひとつにしたプリキュアが立ち上がる!

「レッツプレイ!プリキュア、モジュレーション!」
「爪弾くは、荒ぶる調べ、キュアメロディ!」
「爪弾くは、たおやかな調べ、キュアリズム!」
「届け、ふたりの組曲!スイートプリキュア!!」

そして見事な連携でネガトーンを倒し、奏のレコードももとに戻るのだった・・・。


感想
 案外早く、不仲を解消しちゃったなあ・・。
・・・まあ。、いつまでもひっぱってもなかなか変身できなかったら大変だけど。
う~ん・・・なんで、響、そのときちゃんと奏に聞かなかったんだろうか。
・・・と、いいつつも二人で息の合ったジャンプをするところは燃えました!
そして必殺技が久しぶりに、二人が手をつないでの光線だ!これも原点回帰なのかな?


 あ、ちなみに、昼間スーパーに行ったら、キュアドールシリ-ズのキュアリズムが売っていたので早速買ってきましたw
奏かわいいよ奏!w
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スイートプリキュア♪ #02「ガガ~ン!早くもプリキュア解散の危機ニャ!」

「響き渡るメロディ」の歌詞で始まるオープニングと、 「楽しく奏でよう」で始まるエンディング。 「響」と「奏」で対になっていたのか…、なーる。 物語だけじゃなくて、この番組自体が一つの組曲なんだよ…みたいな。