プリキュアオールスターズDX3みてきたよー!

 それは昨日の朝、用があってイオンモールに行き、ふと映画館のスケジュール表をみたときに、見つけたのです。

「プリキュアオールスターズDX3 朝9:35~」

と。 3月中旬公開だったのが、震災の影響で一度は「公開中止」になっていて、前売り券を払い戻しまでしたので、まさかいま公開してるとはおもわなかった!

・・・で、今日改めて当日券を買ってみてきました。

ちなみに、お客さん・・・私だけだった!!ww

くわしくは追記にてー。


あらすじ
 新オープンのショッピングモールに来た響と奏は、そこで偶然ファッションモデルをしていたつぼみやえりか達と出会う。観客の中にはなぎさ、ほのか、咲、舞、のぞみたちやラブたちもいる。
 そこに現れる無数の妖精(今までの珍獣)たち、そしてかつて歴代プリキュアが倒したはずの敵たち・・・!
敵たちは、この世界にあるという「プリズムフラワー」を破壊して、全宇宙を闇につつもうとしている!
そんなことはさせまいと、変身しようとする響と奏の前に、つぼみやえりかが先にいいはなつ!

響 「奏、プリキュアに変身・・・」
つぼみ「みなさん、いきますよ!?」
妖精「プリキュアに変身するです!」
響 「ええ!?今、プリキュアっていった??」
奏 「あなたたちは・・・いったい・・・??」
えりか「ほら、アンタたちもプリキュアなんでしょ!?いくわよ!?」

そして変身していく21人のプリキュア(シャイニールミナスとミルキィローズ含)たち!

だが、初代プリキュアと戦った「魔女」の力で、ピンク系(主役)、ブル-系(知的やナンバー2系)、イエロー系(体育系や追加戦士系)と、各世界に飛ばされてしまうのだった・・・。

ちなみにピンク系・・・キュアブラック、キュアブルーム、キュアドリーム、キュアピーチ、キュアブロッサム、キュアメロディが砂漠の世界に。

ブルー系・・・キュアホワイト、キュアイーグレット、キュアミント、キュアアクア、キュアベリー、キュアマリン、キュアリズムが海の世界に。

イエロー系・・・シャイニールミナス、キュアルージュ、キュアレモネード、ミルキィローズ、キュアパイン、キュアパッション、キュアサンシャイン、キュアムーンライトは、おもちゃの国のすごろくゾーンに。

 これを見ると、イエロー系が・・・。「プリキュア5」のナンバー2はどちらかというとりんちゃん(ルージュ)なんだけど、「知的」ではないのでこっちか^^;そしてムーンライトの存在感すげぇw

 ブルーのところでちょっと、ブツっとなって場面転換したところが、カットしたといわれる津波が起こるシーンなのかもしれないな、と思いました。
海で戦うのは「ブルー」にちなんでるのかしら。
「海の上を走れればいいのに!」
って叫んだマリンの言葉に
「海を敵の力で凍らせよう」
とハっと思いついた、マリン&リズム以外の知的プリキュアもかっこよかったw

そして、姿を現した敵の大ボスの正体は、かつてプリキュアたちが倒した組織の怨念が生み出した、ブラックホールなのだ!(ハリケンジャーっぽいな、その設定)
 プリズムフラワーを失ったら、もうこの世界と妖精世界がつながらなくなってしまい、もうみんなとあえなくなってしまう!
 ブラックホールがプリズムフラワーを包み込んだときに、プリキュアたちの変身がとけてしまう!だが響のあきらめない心が、砕けたプリズムフラワーから新たなミラクルライトを生み出し、そのライトがプリキュアたちに新たな力を与えた!
 最後の力を振り絞り、勝利するプリキュアだが、それは、妖精たちとの別れであった・・・。

 数日後・・・シフレとコフレは、心の大樹に、新たなプリズムフラワーが咲いていることを発見する。そう、また新たに、地球と妖精世界との道はつながったのだ・・・。



 この映画だけみると、響と奏が、普通に仲いいプリキュアになってますねw
スイート初期のガミガミ言ってたのと大違いで。この程度の方がプリキュア的にはあってるかもしれないよね。
 あ、キュアエンジェルになったキュアベリー、テレビではスパロボ系のメカメカしい翼だったのに、みんなと同じ天使の羽にかわってましたねw
 あと、ラブの声が場面によって微妙に高いような気がした・・・。


見れて、よかった^^
最後に売店で、パンフレットも買えたし^^