ゴーカイジャー・ゴセイジャー・199ヒーロー大決戦

ゴーカイジャー・ゴセイジャー 199ヒーロー大決戦

みてきました~。

ついきにて~。
ゴーカイジャー映画みてきました~。


 ゴセイジャー(+ゴセイナイト)が戦っていた大組織、それは今までの敵たちとは規模がまるでちがう大軍団、ザンギャック。
 ゴセイジャーのピンチを救ったのは、初代スーパー戦隊・秘密戦隊ゴレンジャーのリーダー、アカレンジャーと、ジャッカー電撃隊・行動隊長ビッグワンだった! 
6人と合流したアカレンジャーとビッグワンは、ともに決戦の地に向かう。そして彼らを援護する、シグナルマン、騎士、デカマスター、デカスワン、ウルザード、マジマザー、黒獅子理央、メレ、シンケンレッド(姫)たち。
 全員集結したスーパー戦隊は、すべての力をもって、ザンギャックの大艦隊を滅ぼすのだった。が、その代償として、彼らは力をうしなってしまう・・・。
 だが数年後、ザンギャックの本隊が再びせめてきた・・・。そして、宇宙から1隻の海賊船がやってきて・・・。(ここまでがゴーカイジャー第1話につながるプロローグ場面)

 で、本編。ゴーカイジャーが歴代戦隊の力を使っているのを歯がゆく思っているものがいた。そしてそのものは、ゴセイジャーへのゴーカイチェンジの瞬間にレンジャーキーをうばった。彼らは、ゴセイジャーで、ゴーカイジャーがなぜかもっていた自分たちの力をとりもどそうとしたのだ。
しかしゴーカイジャーも、それは俺たちの力だと主張。いがみ合う形になった2大戦隊。

 そんなとき、ザンギャックにのりこんだ男、黒十字王。カレはかつてゴレンジャーに倒された黒十字軍の怨念だと言う・・・。手をくむ黒十字王の力によってレンジャーキーボックスを奪われ、さらに異世界へ飛ばされるゴーカイジャーとゴセイジャー・・・。




感想
 どっちも性格悪いルカとモネが、意外といきあってたのがおどろき^^;
そしてダイナマンへのゴーカイチェンジではやってくれました!ダイナマン恒例の名乗りポーズの爆発で、敵をふっとばす!!ww

ちなみに俳優さんの顔出しは
アカレンジャー(秘密戦隊ゴレンジャー)
ビッグワン(ジャッカー電撃隊)
デンジブルー(電子戦隊デンジマン)
ゴーグルブラック(大戦隊ゴーグルファイブ)
ダイナピンク(科学戦隊ダイナマン)
レッドワン(超電子バイオマン)
レッドターボ(高速戦隊ターボレンジャー)
リュウレンジャー(五星戦隊ダイレンジャー)
デカピンク(特捜戦隊デカレンジャー)
ボウケンレッド(轟轟戦隊ボウケンジャー)
ゴーオンイエロー(炎神戦隊ゴーオンジャー)
シンケングリーン(侍戦隊シンケンジャー)
シンケンゴールド(侍戦隊シンケンジャー)

あとシグナルマン、騎士ヒュウガ、ウルザード、デカマスターは声が本物でした^^
もうこれだけでおなかいっぱい^^;

いがみあってるゴセイとゴーカイはどうでもよくなった^^;
そして奇跡が起きたときに、「すすめ!ゴレンジャー」がフルコーラスかかって涙がでましたよ;;


あれ。199番目の戦士ゴーカイシルバーは・・・。。。あ、EDに一瞬うつった・・・。
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦』

宇宙最大のお宝を奪い取るために立ち寄っているだけの地球を守る理由は何も無い宇宙海賊。 地球を護ることが自分全ての存在意義である護星天使。 真っ向から噛み合わない両者のイデオロギー。 ある意味で...