ドキドキ!プリキュア 第4話

ドキドキ!プリキュア
第4話「お断りしますわ!私、プリキュアになりません!!」

 前回、ランスがいないことに気付いたマナと六花。
ふたりはありすにつれてこられ、ランスを保護していること、そして、クローバータワーの監視カメラに、マナの変身シーンが映っていたと告げる。
 あせるマナと六花。だがありすは
「私がふたりのプロデューサーになります」
と言うのだった。
 ジコチュー登場、出撃するふたりのプリキュア!
ランスもありすに変身を提案するが、彼女は優雅にお茶をのんでいた。
ありすが変身しないことにがっかりするランス。
じつはありすにはトラウマがあり、力を振るうことがこわいのだ・・・。
 だが、ふたたび現れたジコチューの前に、キュアハートとキュアダイヤモンドが苦戦する。
そんなとき、真の「力の使い方」を悟ったありすのキュアラビースが彼女にこたえた!



「ひだまりポカポカ、キュアロゼッタ!
世界を制するのは愛だけです。
さあ、あなたも私と、愛をはぐくんでくださいな?」




感想
 ありすの財閥の権力と技術力こええーー!
自分の家を秘密基地みたいにするわ、ネットにあがった映像ももみけすわ・・・。

 最初のジコチューがMP3で電池切れを起こしたから、次がラジカセのジコチューで電源コードつきw
でも、いま、ラジカセしらない子もいるのね・・・。

 キュアロゼッタ、変身後はかわいいんだけど、髪の毛が電話コードの子(キュアレモネード)や「じゃんけんぽん!」(キュアピース)と比べると、ちょっとインパクト弱いなあ・・・^^;

武道派で、バリア係で、ノイズキャンセルとかできるロゼッタって・・・。