ドキドキ!プリキュア 第33話

 キュアロゼッタ(四葉ありす)がメインとなる話の中では一番よかった。
 これまでは、財閥の財力をフル活用する(さも当然のように)し、周りから一歩引いてまわりをみているタイプで、「お嬢様」が好きな私なのに、あまりこのこには魅力を感じませんでしたが、普通の子の部分を押し出した今回はよかったと思います。

 キュアロゼッタのアクションも、空中戦でロゼッタウォールを踏み台にしたり、割れたウォールを鉄扇のように振るったりとかっこよかったです。

 ただ、最終必殺技は過去のプリキュアとちがって、
とどめはいつも

「わたしたちの力をキュアハートに!」

というハートだけがめだつ技なので、そこが不満・・・。


ひと目見ただけで、プリキュアが娘と気づく親ってこれが最初だっけ?