ウルトラマンタロウ 第6話

ウルトラマンタロウ
第6話「宝石は怪獣の餌だ!」


 光太郎はさおりに、エジプトを旅していたころにもらったブローチを誕生日プレゼントとしてあげ、健一のお願いで、ブローチのかけらを健一とポチにもわけあたえた。
 だがその夜、巨大なナメクジがどこからかあらわれ、ポチをとかしてブローチをたべてしまう。さらに家の壁に穴を開け、健一のブローチもたべられてしまう。
 翌日、ブローチとポチがなくなったことで異変をかんじた光太郎は、ブローチの説明書をZATのコンピュータで解読する。
 ZATはさおりにブローチを貸してくれと頼むがさおりは拒否。そこにナメクジがあらわれ光太郎がレーザーを照射すると、ナメクジが怪獣に変化してしまう!


感想
 ナメクジがきもちわるかったな~^^;
 「光太郎がもってきたブローチのせいで怪獣があらわれたとなったら、光太郎が悪者扱いされる・・・」って、さおりさんの気持ちもわからなくはないけど、もうじゅうぶん悪者じゃん^^;
 あ。めずらしくカラータイマーが青のまま戦いがおわったな・・・。