ウルトラマンタロウ 第17話

ウルトラマンタロウ
第17話「 2大怪獣タロウに迫る!」


 健一が友達のタケシと彼の父親の地震研究所にきていた。
ちかくの大熊山では、近頃ふんかし、さらにスイカをくいあらす青虫がでまわっていた。
光太郎は農家のおじさんから無事そうなスイカをもらい、健一をむかえにいき、スイカのひとつを研究所、ひとつをタケシにあげた。
 その夜、たけしがスイカをきったら、なかから青虫怪獣がとびだし、糸で目をやられてしまう。
ZATへの通報をきいてかけつけ、自分のせいだと思う光太郎。
 いっぽう、研究所付近では、ついに火山が爆発し、怪鳥バードンが成長してしまった。そして研究所のスイカからでてきた青虫怪獣ケムジラ(幼虫)をついばむ。
 場面はふたたびタケシの家。ふとしたことからケムジラ(幼虫)がでてきたところに、光太郎、南原、上野が発砲したら、ケムジラが巨大化、大怪獣になってしまう。
ケムジラにつかまった上野隊員をたすけるため、光太郎はウルトラマンタロウに変身。
上野隊員の救助には成功するが、糸攻撃にくるしめられる。さらに、外にでてきたタケシをかばい、みうごきがとれない。
 さらに運が悪く、そこに怪鳥バードンも登場・・・。
タロウは背中からくちばしでさされてしまうのであった!
 はたして、2大怪獣に苦しめられるタロウの運命は・・・!?(つづく)


感想
 なんというか、いつもの40~50mサイズの怪獣よりも、人間を襲えるサイズの怪獣のほうが非常に気持ちわるい^^;
 ウルトラマンサイズだとなんとなく「別世界」のようなかんじがするけど、日常にいそうなおおきさっていうのが生理的にうけつけないな^^;

 ZATが怪獣の幼虫に発砲するのって、巨大化フラグですよね・・・。

来週はゾフィー登場!・・・でもにいさん・・・(