ウルトラマンタロウ 第24話

ウルトラマンタロウ
第24話「これがウルトラの国だ!」
 
 健一の友達に、「ウルトラ6兄弟」とよばれる6人兄弟がいる。
ある夜、その兄弟たちの両親がのった旅客機が墜落してしまう。
 それは、ヨーロッパの某国が核実験で発射し、ほろぼしたムルロア星からやってきた宇宙ガ・ムルロアのしわざだった。
 両親をちゃんとみおくらなかったことを悔やんだ4男・シロウは家をとびだす。
他の兄弟と、健一くん、そして光太郎はシロウをさがすと、宇宙ガとともにムルロアが現れ、夜明けになり、光太郎がウルトラマンタロウに変身するがムルロアは煙幕で地球をおおってしまう。
タロウはきずつき、光太郎に戻ってしまい、ウルトラの母に、
「煙幕を晴らすには、ウルトラ兄弟が力をあわせる必要がある」
といわれ、タロウはひとり、ウルトラの星にむかうのだった・・・。


感想
 某国のミサイル実験でうまれてしまった怪獣・・・ってだけきくと、ギエロン星獣っぽいけど、そっちの責任問題よりも、親子や兄弟のキズナの話をえらんだのがいかにもタロウ・・・。

「これがウルトラの国だ!」

って割には詳細は次回なんだよね・・・。