ウルトラマンタロウ 第25話

ウルトラマンタロウ
第25話「燃えろ!ウルトラ6兄弟」


 前回登場のムルロアと宇宙蛾軍団によって、世界は黒煙につつまれ、ウルトラマンタロウもケガをおってしまう。
 タロウは、母の導きによりウルトラの星に帰還し、ウルトラタワーでウルトラ5兄弟と再会して、地球をもとにもどす秘密道具・ウルトラベルをとりにいく。
 一方、地球。宇宙蛾のために電気が規制され、水道もとめられてしまった。健一くんの友達の通称ウルトラ6兄弟の長男が、健一君の家の井戸に水をもらいにいくが、帰り道にトラックにはねられてしまう。
 だが、病院でも電気がとめられていて、このままでは手術もできないと言われる。そこに顔を出した上野隊員は打倒ムルロアを誓う。
 そしてコンビナートにムルロア出現。上野隊員はムルロアの頭の上にとびのり、新兵器「AZ1974」をセットするが、とびおりたときに、パラシュートがムルロアにひっかかってしまう。
 そこに、ウルトラベルで地球の黒煙をはらしたウルトラマンタロウが登場。上野を救い、ムルロアを遠くになげとばすと、大爆発をおこすのだった。
 後日、光太郎がパトロールにでると、ウルトラ6兄弟は元気に登校しているのだった。

感想
 サブタイの「燃えろ!ウルトラ6兄弟」って、ようするに合体してウルトラタワーの炎の中に入っていく時のこと?(ぇ
 でも苦労して手に入れたのに、多分ウルトラベルを戻しに行くときは5人でやるんだろうな・・・。
今回、光太郎の出番ほとんどないので、上野隊員が目立つな。

 まあ、細かいこと言うと、第1話とつながらない「ウルトラの星」設定なんですよね。タロウが小学校にいってたとか。
タロウは光太郎が転生したものと思っていると、矛盾あるんですよ・・・。