ウルトラマンタロウ 第27話

ウルトラマンタロウ
第27話「出た!メフィラス星人だ!」

 健一くんたちの野球チームがランニング中、パトロール中の東光太郎とばったり出くわす。
光太郎は新しい自動販売機で、みんなにジュースをおごってやる。
が、こっそり、販売機から触手がうごきだし、「カイジュウ」とよばれるチームメイトを刺し、彼は後日の試合中にうごけなくなってしまう。
 医者によると、これはマンモスの時代に生きていた古代植物・マンダリン草の毒だといわれ、ZATはマンダリン草をさがす。
 ちなみにマンダリンの販売機は夜な夜な位置をかえ、子供たちを刺しては移動していた・・・。
もともとの自動販売機の所有者(野球キチのやっさん)は警察に、自販機の移動を依頼するが、3人とも自販機にのみこまれてしまった・・・。
 そしてまた後日、健一くんが自販機にお金をいれたら、警官のクツがでてきた・・・。あやしいと思った健一がバットでたたこうとすると、自販機がおそってくる。とおりかかった東と上野が自販機を攻撃すると、マンダリン草が巨大化。さらに、メフィラス星人もかくれていたのだった!


感想
 ・・・「野球き○○い」という言葉をピー音なしで放送したのはすごい。しかし、タロウの世界ではそういう人間よりもメフィラス星人のほうがくるってた(話的にも造形的にも・・・)

 しかし、いくら怪獣みたいにつよいからって、友達のあだ名に「カイジュウ」ってつけるのは・・・このあいだの「ウルトラ6兄弟」との落差が・・・。

「卑怯もラッキョウもあるものか!」は・・・。
メフィラス星人の中でも頭わるい人らしいね、この人・・・(
タロウのストレートパンチで、メフィラスの体に穴があき、とどめのストリウム光線で身体がとけるのはいいけど、マンダリン草をもってたのに、草がよくもえなかったな・・・^^;

結局、自販機にかくれてたのはマンダリン草?メフィラスも?
大人はたべられたままなのか・・・。