ウルトラマンタロウ 第30話

ウルトラマンタロウ
第30話「逆襲!怪獣軍団」

(前回からの続き)
 ヤプールが送り込んだベムスターの猛攻に、敗北し消えたウルトラマンタロウ。
(東光太郎も当然、重症をおってしまう)
 タロウの敗北をみた子供たちは絶望するが、海野青年は更にやるきになる。
そしてZATでは、ベムスターが腹の口から食事をするとみぬき、エネルギー凝縮爆弾を作成することにする。
 ふたたびベムスター登場、海野はベムスターにとびつきナイフで目をつぶす。その瞬間、ZATがスカイホエールで登場し、エネルギー爆弾Aをベムスターの腹にぶちこむ。
それをしったヤプールはサボテンダーを送り込む。そこにウルトラマンタロウが登場し、サボテンダーと戦う。
更にヤプールはベロクロンを送り込むが、ベロクロンはZATの攻撃にあっさりやられる・・・。
そしてタロウがストリウム光線でサボテンダーを撃破。
 スカイホエールがエネルギー爆弾Bをベムスターにうちこみ、ついにベムスターもたおされるのだった。
そしてヤプールも、タロウの攻撃でたおされる。
 翌日、海野のもとに、ZATからのさしいれが届けられるのだった。



感想
 ヤプール・・・借り物のベムスターに対して、自分の所有物だったサボテンダーとベロクロンがザコっぽすぎる扱い・・・。

 来週はキノコ怪獣マシュラか・・・。子供のころ、見ていてきもちわるかったんだけど、いまみるとそうでもないな・・・。