ウルトラマンタロウ 第31話

ウルトラマンタロウ
第31話「あぶない!嘘つき毒きのこ」

 ある日、ウルトラマンタロウとZATが巨大きのこを処分するが、幼体が1個のこっていた・・・。
 健一の友達・大助が、ひょんなことからその小さなキノコをたすけてしまう。
その直後に悪ガキ3人集に家(団地)におしかけられ、キノコを食べろと脅される。
キノコを食べてしまった大助は、キノコ人間にされてしまった・・・!
 そして、団地の人間も次々にキノコにされてしまう。
すべてはきのこ怪獣マシュラのしわざだったのだ!
マシュラのはきだした液体によって、ZATの副隊長、北島、南原もキノコ人間にされてしまう。
光太郎はタロウに変身し、マシュラを乾燥させてたおすのだった。


感想
 子供のころみたときは、人間がキノコになっちゃうのがやたらとこわかったんですけど、いまみたらそうでもない・・・。
 きのこ怪獣マシュラをたおした跡地から、マツタケが大量発生したからって、まつたけパーティーは・・・。それにも毒があったらどうするのよ^^;