ウルトラマンタロウ 第39話

ウルトラマンタロウ
第39話「 ウルトラ父子餅つき大作戦!」


 東光太郎と南原隊員がパトロール中、母子寮「はこべ園」の子供たちと出会い、もちつきをすることにする。
 が、そこに月からモチを食べにやってきたモチロンが現れ、モチをたべてしまう。
モチロンは飛行船で移動しながらつぎつぎをモチをたべる。
レーダーに映らないモチロンに手をやくZAT。
 その夜、光太郎の前に、元ウルトラマンAのかたわれ・南夕子があらわれ、モチロンの非礼をわび、モチロンを説得するが、モチロンは夕子の言葉に耳をかさずウルトラマンタロウに力比べをいどむ。しかたなくウルトラマンタロウは力比べをするが、そこにウルトラの父もやってきて、モチロンに帰る前におまえでモチをついて(うすの怪獣なので)、モチをかえせという。
 そしてタロウと、巨大化した夕子がモチをつくのであった・・・。



感想
 あらためて感想をかいていて、自分でもよくわからないな^^;
こういう怪獣だとZATも対処の仕様がないしな・・・。

「おら新潟のモチをくうまでかえらねえどー」
「新潟の米は日本一だっていうからよー」

月をみてもちつきを連想する人間の妄想がモチロンをうみだしたっていうけど、それ日本人だけだよね・・・。

そういえば、ウルトラの父が「ウルトラマンタロウ」に出るのって、これがはじめて・・・?