ウルトラマンタロウ 第45話

ウルトラマンタロウ
第45話「日本の童謡から 赤い靴はいてた・・・」

 ある仕事明けのあさ、北島は赤いクツをおとした子と「マリ」という名前をみて、昔を思い出す。
赤い靴をはいた女の子の幼馴染みが北島にはいたが、突然謎の大人につれていかれてしまった過去を。
 次の朝、北島の部屋を「マリ」という女がたずねて来る。彼女こそ幼馴染みのマリだった。北島はうれしさのあまり翌日ZATに招待しようとするが、彼女の正体はサイボーグで、ドルズ星人の破壊兵器にされていたのだ・・・。
 マリは北島に、「自分を殺してくれ」と言うが、北島も光太郎も人間の姿ではうてない。
ついに怪獣メモールと化すマリ。
北島はウルフ777にのりつっこもうとするが、失敗、ウルトラマンタロウに助けられる。そしてタロウがメモールを宇宙にほおり投げるが、彼女が元に戻るのか、それともドルズ星にもどるのかは、誰もわからなかった・・・。



感想
 なんか今日はしんみりとして、北島隊員がかっこよかった・・・。
救いのない話だなあ・・・。子供のころはあまり気にしなかったけど。
ウルトラの母、息子(タロウ)だけ助けてないで、マリもたすけてやれよ!。・゜・(ノД`)・゜・。

と思ったら、来週からタロウの放送時間が「MX2」の月曜23時からって・・・!