ウルトラマンタロウ 第52話

ウルトラマンタロウ
第52話「ウルトラの命を盗め!」


 ZATでは半年に一度体力測定があり、新しく副隊長に任命された二谷ははりきっていた。そんな姿を見る光太郎。
 そのとき、ふたりのもとにZAT本部から、宇宙に異常があると知らせが入り、基地に戻る。
 宇宙空間では泥棒怪獣ドロボンを「帰ってきたウルトラマン」(新マン)が追っていたが、ドロボンは新マンを振りきり、東京に降り立ったドロボンは、タロウを呼び続ける。
スカイホエールとスワローの攻撃はきかず、しかも二谷副隊長の乗ったスワローが捕らえられ人質にされてしまう。
 ウルトラマンタロウが応戦するが、人質がいてはたたかえず、いったん退却。
光太郎に戻ったところで、郷秀樹(新マン)に出会い、郷は光太郎にわびる。
 郷いわく、
「宇宙戦争のきりふだとして、タロウを自軍の戦力にしたいのだろう」
 だが光太郎はそんな要求はのめないと郷に告げ、郷がかわりになることにする。
 郷秀樹は新マンに変身し、自分のウルトラの命をドロボンにつかわせることにし、副隊長を取り戻して力つきる。そのあとタロウが3分間ドロボンにウルトラの力をつかわせ、カラータイマーの効力がなくなる直前に新マンのタイマーをとりもどし、新マンを太陽につれていく。
 そしてタイマーがなくなって人質もいなくなったドロボンは、ZATの怒りの攻撃にやぶれるのであった・・・。


感想
 新マンの手足が赤かったんですが・・・前回のウルトラの父が本来赤い手足なのに銀色だったし、絶対ふたりをとりちがえてるって><
(でも文献によってはわざと赤にしたって書いてある・・・)

ついに来週、最終回ですか・・・。