アイドルマスター シンデレラガールズ

第2話

 はれてアイドル候補生となった島村卯月と渋谷凜は「346(みしろ)プロダクション」に所属することになり、そこで出会った3人目の仲間「本田未央」とともに、レッスンをしたり、事務所探検をする。
 そして、ついに3人は「シンデレラプロジェクト」の正規メンバー11人と出会い、宣材用写真をとることになる。
 が、入ったばかりの3人は表情がかたく・・・。
Pの計らいで、3人一緒に撮影をし、徐々に自然な表情になっていく卯月、凛、未央。
そこを見に来た先輩アイドル、城ケ崎美嘉が3人を気に入り、なんと次のライブで3人をバックダンサーとして使いたいといいだして・・・。

感想
 前作までの「765プロ」とは徹底的に違うところをアピールしてきたなあ。
すごくでかいビルの中に、ジム、エステ、バスルーム、サウナ、カフェまであるなんて!
 個人的には京都出身の和風アイドル・小早川紗枝さんが出たのが意外だった!いいぞ、もっとやれ!誕生日が自分と同じだから応援してるw

 それと、前作の小鳥さんもそうだったけど、今回の事務員ちひろさんも、アイドルと同じ位かわいいのはどういうことだw

 とりあえず、今回は卯月と凛を除くのこり12人(未央含む)の紹介回だったかな、と。
あと、城ケ崎さんとか先輩アイドルが最初は面倒みるスタイルなのかな?