Go!プリンセスプリキュア 第37話

第37話

 ノーブル学園の演劇大会で、はるかのクラスでは「ロミオとジュリエット」をやることとなり、はるかがジュリエットに選ばれて、がんばって練習をするが、なかなかうまくいかずに落ち込む。
土手でたそがれているとカナタが現れて励まし、二人で劇の練習をする。
 そして当日。ロミオ役の男子と監督の女子がゼツボーグにかえられてしまう・・・。
時限爆弾を持ったゼツボーグだったために、変身し、急いでマーメイドの水で爆弾を無効化、二人のゼツボーグを一瞬で倒してふたりを元にもどす。
 だが、男子の方は逃げるときに転んで足をケガしてしまっていた。
カナタは自分がかわりに出ようかというが、男子が本当は出たいと言う気持ちを汲んではるかがそれを拒否。
みんなで男子をフォローしつつ、失敗してもいいから出ようということになり、なんとか劇は成功するのであった・・・。


感想
 いやー。今日のはなけちゃったわー><
単に代わりができる人に頼るのではなく、ダメでもいいから自分たちでなんとかしようというはるかがかっこよかった!
 そしてみなみさんときららに肩を借りる男子がうらやましい(