FC2ブログ

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第31話

第31話 「自首してきたギャングラー」

 冒頭から巨大ロボ戦でルパンレンジャーはお宝をいただく。だがこれは陽動作戦で、もう一つゴーシュの計画があった。
 そのころ、ギャングラーから逃げ出した怪人・ヨシー・ウラザーは国際警察に自首したいといい、パトレンジャーの3人はこの怪人を確保。
 取り調べをするがなかなかうまくいかない。つかさは親身になってヨシーの取り調べを続けるが、ノエルはどうもヨシーが信用できない・・・。
 ヨシーはつかさにやさしくされたことで、自らのルパンコレクションをつかさにわたすが、そのルパンコレクションはその持つ者の性格を真逆にするもので、善になっていたヨシーは極悪人に戻ってしまった・・・。
 つかさはきもちをきりかえてヨシーと戦い、パトレンU号となって撃退するが、ゴーシュが合成獣をつれてきて、ヨシーの金庫を合成獣に移植。
金庫が五つになった合成獣が巨大化して暴れるためパトカイザーが出撃するが、敗北する・・・。
(つづく)


感想
 ヨシー・ウラザーてなにが元ネタかとおもったら浦沢義雄のことかw
 合成獣の顔がネズミっぽいのはゴーシュのモルモットだからなのね。
サクヤやつかさのコスプレとか茶番がおもしろすぎるのでギャグ話かと思ったらヨシー豹変から一転したなあw
 今回、ルパンコレクションが冒頭のダイノブレス(アバレンジャー)、ヨシーのSPライセンス(デカレンジャー)、合成獣の金庫に入ってるモバイレーツ(ゴーカイジャー)、ヨシーの殻の金庫に入れたマージフォン(マジレンジャー)と、変身道具つながりでした。