FC2ブログ

ハヤテ13話

ハヤテのごとく!
第13話「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」

 西沢さんに告白されたハヤテは、西沢さんがなぜココに来たのかが気になるご様子・・・。だが、ナギお嬢さまのことも心配で・・・。
 そのナギお嬢さまは、ハヤテの白皇学園への転入を考えていた。そしてハヤテはお嬢さまの期待に応えるべく、猛勉強。
 翌日、転入試験を受けに学園に入ったら、試験官の桂センセイに理不尽な問題をだされる。が、それはセンセイの冗談で、精神的にも肉体的にもつらいハヤテの試験が終わった・・・。
 その結果は・・・惜しくも1点足らずに「不合格」だった。だが、ハヤテとナギは、そんなことをつゆとも思わずに浮かれていた・・・。

 脚本が「浦沢義雄」か~。浦沢脚本にしては珍しく、割と原作どおり(クラウスとタマの邪魔以外ほぼ原作どおり)だわ・・・。まあ、もともとこの作品、理不尽な人物が多く出ているからな・・・^^;(浦沢脚本で一番毒がでるというかはじけられるのが、東映特撮なんだろうな・・・)
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハヤテのごとく! 第13話

今回は、ハヤテが編入試験を受けるお話でした。再び学校に行けるということでハヤテは本当に嬉しそうでしたねぇ。まぁただで高校に編入できるはずも無く、試験はあるんですけどね。西沢さんは食べ物屋を覗いては客の入りを確認して何をしているのかと思いましたよ。...

ハヤテのごとく! 第13話

ハヤテのごとく!第13話、「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」。ナギのはからいで白皇学院の編入試験を受けることになったハヤテ。試験に備えるハヤテだったが、執事長クラウスやタマ、雪路先生らの邪魔が入り...とい

(アニメ感想) ハヤテのごとく! 第13話 「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」

アニメディア 2007年 07月号 [雑誌]三千院家に一通の書類が届けられた。それは、白凰学院編入手続きの書類だった。ナギに白凰学院へと編入することを突然告げられ、驚きを隠せないハヤテ。しかし、編入のためには試験をパスしなければならない・・・ハヤテの猛勉強が始ま...

ハヤテのごとく! 第13話 「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」

ハムスターとしてレビューを飾った西沢さん。今回もまたハヤテとの絡みがないので食べる当番のみ(笑)でもいつもより大増量~(爆)メニューを全品食べるのは、さすがにハズいのか客のいないお店か。今週は出番そ

ハヤテのごとく! 第13話「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」

どー考えても西沢さんがいい働きしてるwwwでもやっぱ食べる役なんだねw