FC2ブログ

炎神戦隊ゴーオンジャー・GP-09

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP―09「明日ガアルサ」

ショッピング中の早輝と範人。
だがそこにガイアークのレンズバンキが現れ、二人は異次元に飛ばされてしまう。
もたついて変身できなかった自分を悔やむ早輝。そんな彼女を範人は励まし、二人に友情が芽生える。
 そして二人は、敵の工場で人々が戦闘員にされかけるのを発見。変身できなくても私たちはゴーオンジャーだと、早輝は勇気をとりもどし、これを妨害。
 一方、レッドたちはレンズバンキの構造を見破り、二人を戻す作戦を成功させる。
そして、5人の武器を合体させ、スーパーハイウェイバスターでレンズバンキを倒す。が、いつものごとく巨大化。エンジンオーとガンバルオーがこれを迎え撃つ。
だが、レンズバンキが死ぬ間際に、2体の必殺技を撮影する・・・。

感想
 年頃の男女がふたりきりで飛ばされたら、愛情が生まれるものだろう!!(そういう番組ではありません)
 来週、もう6体合体するのか・・・。

炎神戦隊ゴーオンジャーGP08

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP-08「最高ノキセキ」

 街に、巨大蛮機獣が現れた。しかし、炎神キャリゲーターは充電中で、スピードル・バスオン・ベアールVはまださびついたままだ。困惑する5人の前に、ガイアーク3幹部がそろってゴーオンジャーに立ちはだかる。
いったん退却するゴーオンジャー。
 サビを落とそうとするブルーとイエローだが、レッドだけは、いざとなったら奇跡が起きて、直る!と楽観したまま。だが、そうそう奇跡は起きない。飛び出したレッドの前にかつての恩師が現れて彼を諭す。

「オレは奇跡を起こす男なんです!」
「いや、あれは奇跡じゃない。スタッフのみんなの努力の結果だ」

それをきき、またもや飛び出すレッド。だがスピードルが、さび付いた体でレッドを追ってきた。その姿に、奇跡は起きないと覚悟を決め、スピードルの体を拭いてやることにしたのだった。

感想
 ウルトラマンレオである真夏竜さんが出演するというので、一瞬、
「その涙で、その顔で、この地球が守れるか!」
とか言ってレッドをしごくのかと思いました^^;(というか、是非しごいてやってほしかった・・・)
 先週、登場したばかりなのにもう2号ロボ役立たず。一応、まだ充電が不完全だった、とフォローが入るけど^^;

炎神戦隊ゴーオンジャーGP―07

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP―07「相棒アミーゴ」

 ガイアーク反応が2つ現れた。そして二手に分かれたというので、赤青黄、と黒緑に別れて捜索することに。
 赤青黄の3人はガイアークと対峙するが、黒緑が会ったのはガイアークではなく、巨大な炎神キャリゲーターで・・・。
ケガレシアからの通信を受けた怪人は、炎神は我々の仲間になったとうそぶく。それを通信できき、炎神に向かっていく黒と緑だが・・・。
 その一方、敵の攻撃で、さびついてしまったエンジンオー!だがそこに、誤解を解き、仲間になったキャリゲーターとバルカ、ガンパードが駆け付け炎神合体、新たな巨大ロボ「ガンバルオー」が誕生した!!

感想
 第2のロボット、ガンバルオー登場・・・。しかし、なんか体のバランス悪いな~。これはアレか。6体合体までのつなぎ的なメカだからか。

次回、レオの真夏さん登場!ウルトラの人が出るのって、ハリケンジャーの団時郎さん以来?

炎神戦隊ゴーオンジャーGP―06

GP-06「乙女ノココロ」

おしゃれが決まらないイエローにレッドが「メットしちゃえばわからない」といってしまい、イエローは不機嫌に。
 そのとき偶然であったフルートの青年が、ガイアークに襲われ、イエローが救う。
数日後、その青年にイエローは食事にさそわれ、面白くないレッドは読唇術が出来るというブラックをつれて偵察に・・・。

感想
 あの~。この読唇術・・・・アニメ「ハヤテのごとく!」の「見合」のときと似た雰囲気・・・。と、おもったら、「ハヤテ」もこれも、構成が武上さんだわ。じゃあ、同じような展開にもなりますわな。
 次回、2号ロボ登場?

炎神戦隊ゴーオンジャーGP―05

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP―05「時々オカン!?」

 グリーン範人は、女の子とお近づきになりたくてバイトをし、そのせいで戦いに遅れレッドに怒られる。ブルー・連が話を聞くが、また怒られると思った範人は
「皆に焼肉をご馳走したい」
とウソをついてしまう。
だがブルーは、彼を信じることにしたのだった・・・。

感想
 グリーン、軽くてダメダメなヤツかと思ったけど、ちゃんと謝罪したことは良いと思いました。レッドなんて全然謝らないヤツですが、その点ではグリーンの方がいいかも。
 バイトを抜け出したから即クビっていうけど、働いた日数分の給料は普通もらえるはずだと思うんだけど・・・。

炎神戦隊ゴーオンジャーGP04

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP04「炎神トラブル」

 いよいよ地球にたどり着いた炎神バルカとガンパード。だが、着地後に、炎神ソウルとキャストに分離してしまう。炎神ソウルはすぐに軍平と範人が回収するが、バルカキャストはガイアークが、ガンパードキャストは子供が持っていってしまい・・・。
 バルカは、ガイアークに向かっていくブルー・イエロー・グリーン。
 ガンパードには、もって行った子供に軍平とレッド走輔が、あとをつけるが・・・。

感想
 子供にお菓子をみせる黒いコートの男が現れたら、そりゃ誘拐犯だと思われるわ^^;
ケガレシア・・・まだ26歳なのに「オバサン」扱い・・・。そりゃイエローとグリーンは現役高校生だけどさー。でも「巨乳で無罪」になった人よりはるかに若いんですが^^;

炎神戦隊ゴーオンジャーGP03

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP-03「捜査ノキホン」

 もともとの3人に、アマチュア感覚で戦いの基本がなってない!といらだつゴーオンブラック・軍平。戦いでまた敵に逃げられたレッドたちに、怒りを爆発させ、グリーンとともにふたりだけで敵の掘った穴にもぐり、敵のあとをつける。
 そんな中、車内で偶然雑誌の記事を目にしたイエローは、敵の目指す場所がわかる。合流したレッドたちとブラックたち。それぞ認め合い、連携で敵を倒すのだった。

感想
 レッド・・・ダメだ、こいつ。いいかげんすぎる・・・。
(最近の戦隊はノリだけで突っ走るからしょうがないか・・・)

炎神戦隊ゴーオンジャー・GP―02

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP―02「無茶ナヤツラ」

 パイプバンキと戦うゴーオンジャー。だがそのころ、軍平によってミニロボ・ボンパーと炎神キャストが盗まれてしまう。そしてそこにボンパーを追ってきた3人が到着。軍平は自分の方が優秀だと主張、ゴーオンジャーになりたいと熱望する。
 だが、3人の戦いを間近に見て、彼らが優秀だとかは関係なく、自ら率先して悪に立ち向かう姿に反省、炎神キャストを3人に返そうとする。それを手伝う範人。そんな二人にボンパーはシフトチェジャー(彼らの変身には炎神ソウルは不要らしい)を与え、ついにゴーオンジャーが5人そろうのであった!
「マッハ全開、ゴーオンレッド!」
「ズバリ正解、ゴーオンブルー!」
「スマイル満開、ゴーオンイエロー!」
「ドキドキ愉快、ゴーオングリーン!」
「ダッシュ豪快、ゴーオンブラック!」
「正義のロードを突き進む!炎神戦隊!ゴー、オンジャー!!」
 そして手元に戻った炎神キャストでエンジンオーに合体する。が、パイプバンキとの戦いでベイブリッジを破壊してしまい、そこに主婦と子供の乗った車がひっかかってしまう。うかつに戦えないエンジンオー。だがグリーンとブラックが親子を救出、見事な連携で敵を倒すのだった。

感想
 軍平と範人、ドキドキ愉快・・・というよりドキドキ誘拐・・・。しかし、範人、たまたま軍平と会って抗議してただけなのに、3人にはこそドロ仲間判定されてかわいそう><
結局、ブラックもレッドと同じくらいガキだったのね・・・。しかし、いまだに「ズバリ正解」は変だと思います。

炎神戦隊ゴーオンジャー第一話

炎神戦隊ゴーオンジャー
GP-01「正義ノミカタ」
 日本のどこかで今日もガイアークの魔の手が伸びる!そこに現れた3人の戦士、「炎神戦隊ゴーオンジャー」。彼らは「炎神」と呼ばれる機械生命体のパワーを使いガイアークに立ち向かう。だが、そこにゴーオンジャーの戦闘を見る男と、戦いに巻き込まれた少年がいて・・・。
 一挙に攻めてきた飛行軍団に対抗すべく、ミニカー(炎神のボディ)に、炎神ソウル(メモリーカードみたいな魂)をセットすると、炎神が巨大化。さらに炎神合体、エンジンオーとなって敵をぶったぎる!

感想
 おお、今回はすでに3人が「ゴーオンジャー」であるという設定なのね。ボウケンジャーもそんな感じでしたな。
 ゴーオンレッドとブルーの名乗りは王道なポーズでしたが、イエローのポーズは…変。
 ブラックになる男、元警官という設定なら、警官姿で出てもよかったかな。
 OP主題歌は割と好みですが、EDは子供番組にラップってどうよ?サイラバとかいらないから、もっときちんと王道を作れる作曲家にやってほしかった><